今日も↓↓↓をぽちっとお願いします。皆さんのポチが励みになります!

人気ブログランキング

 

 

昨日より本業の仕事が開始となりました。

しかし、新年早々非常事態宣言再発出ということで、あまり嬉しい状況ではないですよね。さすがに今回の緊急事態宣言は影響が大きく、あらゆる面で前回時より影響が大きく出てくる可能性があるのでは?と危惧しています。

 

昨年は、今まで家賃滞納が発生していなかった2部屋が家賃滞納という状況になりました。1部屋は既に解消していますが、もう1部屋について、家賃は支払っていただいているもののまだ1か月遅れの振込という状況になっています。

 

また、今回の非常事態宣言で生活に困る方は更に増えると思います。

そのことにより家賃滞納が増える可能性が高まることは間違いないですし、政府からの住宅確保給付金等の補償が十分なものではない場合、家賃保証会社の破産も考えられます。

 

なんにせよ、賃貸経営のリスクが上がることは確実です。

これについては、現預金を厚めに保有しておかなければと考えている次第です。

 

一方、非常事態宣言を行うと同時に政府の補償が厚くなることもほぼ確実だと思います。

今年の売上は昨年と比較して下がる可能性が高くなってきている状況なので、条件に該当するのであれば、しっかり申請し、しかるべき補償は受けたいと考えています。

 

あと、この状況が更に続くのであれば、さすがに本業の方も影響が出てきそうな感じはしています。いきなり基本給が低くなるということは考えにくい状況ですが、賞与は業績連動性なので、業績が下がれば、当然給与収入も下がります。そうなると、将来的に描いたキャッシュフロー計画も下方修正というのはあり得る状況だとは思います。

 

これだけ市中感染が広まってしまった時点で今後新型コロナを根絶することはほぼ不可能だと思います。なので、今後はwithコロナの社会になっていくことが濃厚ですが、まずはワクチンが機能するというのが沈静化の条件といいますか、今はもうそれに期待するしかない状況ですよね。

 

その後、治療薬ができれば、インフルエンザと同じような感染症分類になっていくのだと思いますが、治療薬は完成するまでに時間を擁すると聞きますし、不安は大きいです。

 

ただ、ピンチはチャンスという言葉もあります。

このタイミングで新たに物件購入というのは考えていませんが、何か自分にプラスになるものがあれば、積極的に動いていきたいと思います。

 

2021年は苦難の年となりそうですが、なんとか計画下方修正はせずに、予算を達成するべく、引き続きやれることをやっていきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪