みなさんおはようございます。

昨日は、会社の若手で忘年会の一発芸へ向けて、
打ち合わせをしていました。忘年会の一発芸で、
打ち合わせをして、その後真面目に練習なんて、
バカらしいなんて思っていたのですが、打ち合わせをしてみると、
色々案は出てくるし、楽しい話ができたので、良かったかなと。
まだ何をやるかは決まってないのですが、踊りをやることになりそうです。

さて、今日の話題、答えはない問題ではあるのですが、
改めて考えを整理してみようと思います。

まず、僕の話からですが、僕はもともと独立起業したいと思っていました。
しかし、いきなり独立するよりも、何かで安定収入を作って、それをまずは柱として
独立した方が良いとは思っており、色々リサーチした結果、それは不動産投資だと
思いました。

でも、周りに不動産投資をしている人はいませんでした。
周りの友人、知り合いの方に聞きまくって、やっと探し当てたのが、
今お世話になっている不動産投資コンサルタントの方です。

その方と出会って、不動産投資をしようと思う理由がまた一つ増えました。
その方は、広告の会社を設立したり、繊維の会社を設立したり、若いころは
いわゆる「ヤリ手」と呼ばれている人だったわけですが、不動産投資をやることによって、
ビジネスの基本を学ぶことができる。

しかも、不動産投資の場合は、お客である入居者にこびをうる必要もなく、
比較的自分のペースで運営できるし、しかも収入も比較的安定している。
例えば、普通のビジネスをした場合、大体2年、3年で廃れ、また新しいものを
作っていくことが必要になる。しかし、不動産投資の場合は、不動産を所有し、
ある程度の経営手法を確立していれば、それを長期間適用し、利益を得ることができる。
これを聞いて、不動産投資を始めようと思いました。

つまり、将来の独立に向けた準備という要素が僕の場合は強いです。
他の仲間は、本業の給与だけじゃ、将来家族を養っていけないから、
不動産投資を始めたという人もいますし、僕みたいに独立に向けた
準備の一環として始めた人も結構います。特に若い人は。

でも、理由はともあれ、、始めると接する人間は間違いなく増えます。
ローンを背負うので、やはり物事に対する考え方は変わります。
例えば、物事を利回りで考える癖はつくようになりますね。

会社で、投資案件を見た時に、自分ならこうやるのになーとか
他人事で考えるのではなく、自分に置き換えて考えるようになります。
それと、財布のひもはちょっと閉まり気味になります。等色々あります。

確かにリスクを背負う状態になりましたが、それよりも
不動産所得以外の所得ができた嬉しさ、また、最悪くびになっても大丈夫だから、
会社で言いたいことは言おう、疑問に思ったことは空気読めてないなと思っても言おう。
という姿勢に変わりました。

周りからどう思われてるか、そんなことってどうでもいいですね。
問題は、自分が今の仕事を楽しんでやれているか?
一番大事なのはそこです。

そういった意味で、不動産投資を行い、精神的な余裕ができたことによって、
以前よりは、仕事というか、もっと大きく言うと、人生が楽しくなりました。
もちろん、苦労は増えましたが、それにもましてやりがいが増えましたね。

ということで、今日は僕の考えをシェアさせてもらったのですが、
まず一歩踏み出すことが大事ということが、今日言いたかったことです。

どんなに小さな金額であっても、給与外の所得は、給与外の所得です。
それが人生を変えるきっかけになるかもしれません。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪