今日もご支援ありがとうございます。↓をポチっていただけると嬉しいです。
今年はここまま夏が終わってしまいそうですね・・・

人気ブログランキング

 

 

実は現在、借換えを試みています。

融資金額も約6年前に借り入れた当初借入金額の約半額まで減額し、サラリーマンとしての収入も6年前と比べ上がってきたので、この属性・資産背景をもってより有利な金利条件をゲットするため、ひいては、今後の資産規模拡大の土台を固めるためです。

 

最近、こういった借換えをする人が増えているのか、銀行との仲介役として、借換えのあっせんをする業者がちょこちょこ出てきています。ただし、成約報酬なので、話し合いが進んでいく中で、具体的な条件が明らかにあっていき、そこで満足した条件でなければ、それを拒否して、手数料を支払う必要はないという流れのため、お金をだまし取られるということもありません。

 

ということで、トライしてみたわけですが、その仲介業者からは借換えは可能ということ、また、大体の借換え金利水準についても連絡がありました。

 

ひとまず、実際に借換えが可能ということは分かったので、業者にお願いしたこと自体は良かったと思っています。しかし、その業者への手数料は借入金額の1%程度ということで、今の借入金額を考えると、安い手数料ではありません。

 

自分で借換えの話を進められるのであれば、それが一番です。

ということで、今度銀行に行って借換えの打診を数行にお願いしてこようかと思っています。そこでどのような反応されるか?見るのもまた勉強ですし、自分でそういったプレゼンをするのもそれはそれで勉強になります。

 

僕は普段、経理マンとして働いており、デスク上で済ませられるエクセルの作成などは空き時間でやりやすい環境なのですが、実際に銀行や業者に出向いて、会って話をするということは、かなりやりずらい環境です。こういった面では外回りできる営業マンの方は羨ましく思います。

 

夏休みも終わって間もないので、8月は休暇をとりずらいので、9月のどこかで休暇申請でもして、その日に伺ってみようかと考えている次第です。

 

色んな大家の方からの情報やエピソードを通じて思うのが、同じことでも伝え方によって結果は異なってくるということです。今の時点の僕の属性や資産背景は変わるものではありません。でも、伝え方は変えることが出来ます。この部分は僕自身まだまだ経験不足で学んでいかなければならない部分です。

 

しっかりと銀行側にもメリットがあるということを伝えつつ、嫌味にならない程度の自分自身をアピールする。若干若めに見られがちなので、謙虚さを見せながらも、言うべきことはしっかり伝える。そんな感じで交渉を進め、来年中には借換えを実現できるべく、動き始めたいと思っています。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪