今日もご支援ありがとうございます。↓をポチっていただけると嬉しいです。
今年の1/12が終わりましたが、滑り出しは順調ですか?

人気ブログランキング

 

 

現在、借換えも含め、資産整理を考えています。

昨年は特にアドバイザー的な方の存在もなく、ただただ高めの価格で売却設定をしていたのですが、今年はとにかくトントンでも良いので、2つ資産を整理すべく進めようかということで、今は動きます。

 

今現在、区分5部屋所有の内、3部屋はローンが残っています。

この内、2部屋は最悪トントンで売れれば良いという価格設定をし、売り抜こうかと。

そうすれば、残る融資は1行となり、個人としての借入は2,500万円以下になります。

 

あとは法人で買い進めていく予定です。

 

一昨年、昨年と1金融機関1法人というスキームで、複数法人を利用しての融資が流行し、それで資産規模を短期間で爆発的に拡大した方もいますが、危険だなと今は思います。

やはり、金融機関も色々対策を考えてくるでしょうし、そういったやり方はどこかでひずみが来そうなので、僕は基本、1つの法人をじっくり育て、融資を積み上げていくという方式で進むことを考えています。

 

そこで、今は売却を考えていますが、

個人→法人へ売却という手法もあることはあります。

ただし、実質同じグループの中での売却と言えば、売却の関わる、税金や登記費用がかかります。コストはかかります。

 

また、今日のお題である、借換えをしなければならなくなります。

借換えをすることは、キャッシュフロー的には良くなるというメリットはありますが、借換えをした金融機関との関係性を考えると良い事ではありません。

その金融機関内では僕が借換えをしたという履歴は残ってしまうので、もし今後その金融機関とお付き合いをする可能性があるのであれば、デメリットとして働きます。

 

1棟や2棟だけ買い進めていく手法であれば、こういった長期的な関係性はそこまで深く考える必要はないかもしれません。

 

でも、将来的に、5棟、10棟と買い増しをしていき、メガ大家を目指していきたいのであれば、より多くの金融機関から借り入れが出来るような関係性を築いていくことは重要です。僕自身はまだまだそういったステージではありませんが、そういったステージなっている方からそれは良く聞くことなので、事実なのだと思います。

 

いずれにしろ、定期的に自分より投資ステージが高い人に相談する機会を設けることは重要なのかなと。それが、面談という形である必要はなく、飲み会等会合でも良いと思いますので。

 

ということで、ひとまず借換え戦略はしない方針で進めることにしたいと思っています。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪