今日も↓↓↓をぽちっとお願いします。皆さんのポチが励みになります!

人気ブログランキング

 

 

今日は不動産投資とは直接関係ないことかもですが、間接的には影響してくることかもしれません。20代の時にはなかったような悩みというか、出来事です。個人間のお金の貸し借りについてです。

 

僕は地元の友人とは今でも仲良くさせてもらっているのですが、公立中学校だったので、職業や収入は様々です。外資系金融でバリバリ稼いでいる友人もいれば、介護士として、激務の日々が続く友人、会社を経営している友人もいます。

 

その中で、もう2年半程度前の話になりますが、ある友人から30万円程度お金を貸してくれないか?その友人は会社の運転資金が足りないらしく、直近で業務改善もみられることからすぐに返すのでというよくあるパターンでした。

 

友人からお金を貸してほしいというお願いをされたのはあとにもさきにもそれが初めてでしたが、結論、その時は1棟を購入したばかりで不安な時期でしたし、手付金の持ち逃げ被害にも遭った直後だったということもあり、結論、お金は貸しませんでした。

 

そもそも、お金の貸し借りをすると必ずトラブルになると親から教わって生きてきたのもそう判断したポイントではあります。ちなみに、僕の他の友人もお金を貸してほしいと言っていたらしく、その友人は可能な範囲内で貸したという話を聞きました。

 

お金を課した友人は、もし返済しなかったら、親にも兄弟にでもお金を取り立てに行くという厳しいことを言ったようですが、半分愛をもって言っていたように聞こえました。僕の友人の中ではお金に余裕がある友人で、どうともない金額ですが、そこらへんはしっかりやっているようです。

 

借金には良い借金と悪い借金があるという話はよく聞きますが、こういった借金は明らかに悪い借金です。金利は発生しないかもしれませんが、大事な友人関係を壊す危険性があるという意味で、です。

 

仮に自分が友人からお金を借りなければいけない状況に陥ったとしても、その時はギリギリまで粘って、やれることを全てやったうえで、最終的には自己破産するかないと思っています。それぐらいの覚悟がないと億円規模のローンは組めません。

 

ただ、不動産投資でも、意外とそこら辺の覚悟ができていない甘い認識をされている方が多いと感じており、甘いリスク認識をされている方は、物件選別も甘くなる傾向があるので、失敗する可能性が高くなるんだろうなーと感じています。

 

いずれにしても、個人間のお金の貸し借りは今後の断じて受けないという姿勢を貫いていきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪