今日もご支援ありがとうございます。↓をポチっていただけると嬉しいです。
今週も早かったです。これで1年の4分の1が早くも終わりましたが、残り4分の3もマックスで走ってきたいと思います!

人気ブログランキング

 

 

1棟を購入検討する時に意外と抜けてしまいがちだけど、

かなり重要なトピックとして、修繕履歴があります。

そして、これはRCと木造で価格相場がかなり異なります。

購入する際は、この修繕履歴も考慮して、購入すべきです。

 

僕は今まで区分所有マンションしか所有していなかったので、この大規模修繕に関する意識があまりありませんでした。というのも、区分所有マンションであれば、毎月支払いをしている修繕積立金の中で、大規模修繕計画をたてているので、基本、それ以上の出費はないことが多いからです。

 

区分所有マンションは出費が多く、あまり手元にお金が残らないという話はされていますが、将来の大規模修繕費用で大きな出費をすることがないためのほしょうみたいなものなので、堅実に投資したいということであれば、これはこれで堅実だと思います。

 

現に、僕は借入金のない区分所有マンションを2部屋所有していますが、こちらは、かなり楽です。確かに、毎月管理費や修繕積立金が発生することによって、一棟と比べると手元に残る金額は少ないですが、1棟と比べると安心感は高いです。

 

それもこれも、僕自身、まだ1棟を長期保有したことがないゆえに起こる不安です。

この修繕履歴は、ババ抜きのようなものだと個人的にも考えています。

ただ、通常のババ抜きは、どこにババがあるか分かりません。1棟では、事前に直近の修繕履歴や金額は把握できるので、大体どこの時期にどの程度修繕が発生するかは分かるので、そこは購入段階でリスクとして把握しておくべきです。一番やってはいけないのが、全く調べずに、購入したら実は直近に発生するということが判明した。それであれば、購入時に指値をしておくべきだったという類の話です。

 

この修繕履歴の部分は、一回、長期保有物件を所有してみて分かることが多くあると思います。1サイクルを経験してみて、実際に損した・得したということを経験してみて分かることでもありますが、10年や20年所有すると、僕はもう50歳です。

そこから、新たに長期でローンを組んで不動産投資をやるということはやりづらくなる可能性もあるので、なかなか実践で経験を積みにくい部分であります。もちろん、大体の相場はあるので、金額はイメージ出来るんですけどね。

 

ということで、修繕履歴は必ず調べるようにしましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪