今日も↓↓↓をぽちっとお願いします。皆さんのポチが励みになります!

人気ブログランキング

 

 

台風15号から1週間程度経過しましたが、この間保険請求に向けて準備を進めていました。準備というのは、保険請求に使用する写真及び見積書の作成です。

 

あとは、保険に入っている保険会社の事故受付センターに連絡を行い、保険金請求書の送付を依頼することになります。

 

ちなみに第一弾目と申し上げたのは、今回保険求償するのは約7年半前に購入した区分マンションの玄関隣の窓ガラスです。1棟については、写真は撮影できているのですが、業者の見積もりがまだできずにいるので、その見積もり待ちといった状況です。

 

今回は一連の流れを2回できるので、大家としてかなり勉強になっています。

また、写真を選ぶ段階で、雇っているコンサルタントの方とお話しする時間もあるので、その時間もかなり勉強になっています。

 

火災保険はうまく使用できれば、かなりの味方になってくれることを今回感じています。

ただ、実際に損害が大きく、保険でカバーされないパターンも今後発生する可能性は十分にあるので、やはり資本を厚くしておくことは大事なのかなと思います。

 

例えば、地震であれば、一部損認定レベルの損害であれば、保険金によって潤うということもあり得るかもしれませんが、小半損、大半損といった、一部損以上の損害が認められるレベルになると、地震保険では賄いきれない程度の修繕費用が発生する可能性も十分にあります。1億円をこえる規模になると、損害が大きくなる可能性があるので、その点はオーナーとしては最大限リスクヘッジをかけておくべきかと思います。

 

物件を所有してから既に保険を3回使用しようとしているのですが、いずれも外部のコンサルタントに業務委託料を支払って行っているので、全額が自分の手元に残らない状況です。

 

とはいっても、自分が保険請求を行うことによって、下りるはずだった保険が下りないという可能性は排除したいので、今はその業務委託料を支払う価値はあると思っています。

 

もちろん最終的には自分で全て行えるようになることです。

自分で行えるようになれば、まず手数料を支払う必要がなくなりますし、スピードも速くなります。

 

今回保険請求について色々相談をしてみてわかったのですが、そういった保険請求コンサルタントの方は、台風15号のような被害者が多くいるようなタイミングでかなり忙しくなり、スピードがかなり遅くなります。そこで、事前にある程度の関係を築けていればよいのですが、初見の方だとお金をふんだくられるし、スピードも遅いです。

 

なので、いざというときのために、1人信用できる方とつながっておくことをおすすめします。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪