みなさんおはようございます!

一昨日お話した確定申告後の数値でなく、確定申告前の数値を基に住民税が計算された結果、6月の徴収額が多くなってしまったという件ですが、昨日会社の人事部にメールにて連絡をしました。

連絡したところ、会社からは「昨年確定申告しましたか?確定申告を行なったのであれば、税金金額が変わる可能性があるので」という質問を受けたので、確定申告をしたという旨を伝えると、「了解しました。では市民税務局から来る確定申告書を待ち、それを元に再度計算します。」という回答で話は終わりました。

内心、なぜ確定申告をしたのですか?というような質問が来ることを恐れていたわけですが、そこまで突っ込まれるわけはなく、ソフトに住民税の件は決着が付きそうです。こういう会社との微妙なやり取りって実際経験してみないとわからないですよね。

不動産の場合は、兼業に値しないということで判断されるみたいです。実際、経理業務と管理業務を外部委託した場合、確かに大家がやることってたかが知れていますし、本業に影響するような仕事量ではないですからね。。。

そう考えると、不動産投資って本当にサラリーマンにとって味方だなと思います。自分が仕事をしている間に稼いでくれるし、それが兼業になる恐れもない。こんなお金の稼ぎ方って違う形でサラリーマンをしながら、お金を稼いだ場合ないと思います。ただ、もちろんリスクはあります。むしろリスクがなくて、これだけサラリーマンにとってメリットがあることが存在したら、逆に怖いです。

会社もひとりひとりの私事には基本的に関与しないという立場でいるので、ほとんどの場合はこういった個人の税金関係には突っ込んでこないと思いますが、できれば人事部と住民税や所得税の話は、したくないですよね。。。サラリーマン不動産投資家にとっては。

なので、皆さん市税事務所の人が完璧だとは思わないでください。今回のようなミスもあるということです。大事なのは、それを防ぐために、確定申告をし、税金が控除される場合はその数値がしっかり住民税にも反映されているか?しっかり確認をしておくことです。僕の場合も、もっと早めに確認を税理士の方に依頼しておけば、このようなことは発生しなかったと思いますので。これも不動産投資を行う中で学んだ一つのリスクヘッジと言えるかもしれませんね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪