money-1596004_1280

 

皆さんおはようございます。

 

今日が終われば明日休みということで、非常に気楽です。

ただでさえ、仕事量が減ったというのもあり、楽すぎて大丈夫かと思うぐらいです(笑)

本社復帰が出来るか心配ですが。

 

今、将来の融資戦略について非常に悩んでいます。

もともとのプランは、今年末までマックスで貯金を行い、

貯金したお金で、来年前半に物件を購入するというものでした。

 

しかし、物件価格が高止まりし、僕が所有している物件で、

将来的に、600万円程度の大規模なリフォーム工事が必要な部屋があると

把握できたので、もう少しキャッシュリッチになってから、

購入に行こうかという考えも、出てきて始めています。

 

もっと言うと、今5部屋物件を所有しているのですが、

そのうち、1つの物件に係るローンについては、既に全額返済が完了しています。

 

それに加え、もう1つの物件のローンを全額返済し、

余裕を持ってから、次の物件に進もうという考えも出てきているということです。

 

この方法は財務体質がかなり改善し、2つ目のローンを返済し終わったころには、

おそらく、自己資本比率が50%を超えているという、かなり安定的な状態に戻れます。

 

ただし、それをやった場合、一棟マンション購入の際に必要となる頭金を貯めるのに、

また時間がかかり、おそらく、再来年の3月~4月あたりというのが相場になります。

それが吉と出るか?それとも凶と出るか?は正直分かりません。

 

少なくとも、今の市場が最適ではないということ。

この市場で購入した場合は、高値掴みになる可能性が非常に高いということです。

 

であるのなら、今のうちに力をつけておくという考えが生まれるのは自然です。

でも、キャッシュを使うと、機動力がなくなり、可能性は低いですが、

もし、かなり良い物件が出た場合、すぐに動くことができません。

なぜなら、購入するための頭金が十分ではないから。

 

ビジネスの安全性を考えると、絶対的に、もう1つローンを返済するという方法です。

ローン全額返済をすれば、絶対にローン金額が減少するわけで、

絶対に確実な資産運用と言えます。

 

でも、物事には良いこともあれば、悪いこともあるのが常です。

安全な資産運用は、高い利益を生まないのが通常であり、この繰上返済もそうです。

つまり、ローン返済額は確かに減少するのですが、キャッシュフローが莫大的に増えるわけでは決してありません。

 

この利益と安定のバランスを考えなければいけません。

そして、今の市場を見据えて、いつ勝負するか?それを見極めるのも、

僕自身、そして、周りの方々のアドバイスによるもの。

 

とこんな感じで悩み始めたので、今月のどこかで、

お世話になっている不動産コンサルタントの方とお会いしてきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪