先日、ローンの繰上返済が完了しました。

この物件のローンは8,9月に完済する予定ですが、これが予定通り完了すれば、もう1つローン債務がなくなることになります。

 

当初、5物件のローンをそれぞれ別の銀行で組んだわけですが、その内2つのローンが完済ということで、自己資本比率が大分上がってきました。

 

しかし、油断はしていません。奢ってもいません。

そもそも自己資本比率が1%に満たない状態から始めているので、

今でさえまだまだ人の前で誇って言えるような数値ではありません。

 

ただし、収益を拡大していくためには資産を増やす必要があります。

自己資本比率が40%以上になった今日この頃、どういった物件を狙っていくのか?ということに自分の中で焦点が当たりつつあります。

 

まずは、一棟で勝負することは決まっています。

その中で、選択肢は大きく4つかなと思っています。

 

・中古一棟アパート

・中古一棟マンション

・新築一棟アパート

・新築一棟マンション

 

この中で、中古アパートは外れます。

なぜなら、相続対策やサラリーマン大家向けに最近過剰なアパートが建ち過ぎている為、保有後に相当苦労することが容易に想像できるためです。なので、僕の中でこの選択肢はありません。また、融資期間を考えても不利です。

 

そして、僕の投資スタイルとして長期保有を考えていること。物件の売買を繰り返してキャピタルゲインで儲けていくことは考えていないことを考慮すると、そもそも中古という選択肢はないのかなと。

 

中古と言っても、せめて築年数一桁ってイメージでしょうか。

 

そうなると新築ということになるのですが、ここからが非常に悩むところです。

アパートで攻めるのか?それともマンションで攻めるのか?という先日の記事でも申し上げたトピックです。

 

直感的にですが、保有後の経営難易度を考えると、やはりRC造で間違いないです。

これだけアパートが経っていることと、長期的に20年、30年保有することを考えると、入居者付けは絶対にRC造の方が強いわけです。

 

僕は購入してから悩むのは最大限避けたいのです。

であれば、購入する時に出来る限り交渉して、苦労して、保有後の悩みが少ないものを買いたい。ただ単にそう思うだけです。

 

そう考えると、自然と新築RC造にスポットが当たります。

 

ただし、土地を購入して、建築計画を立ててという経験は僕にはありません。

なので、一から情報を仕入れていくことが必要ですし、知識も蓄えていかなければなりません。でも、それだけのことをやる価値はあると思いますし、それもまた僕の地となり肉となると思うと、楽しくて仕方ありません。

 

なので、しばらくは新築RC造を目指して歩みを進めていきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪