今日も↓↓↓をぽちっとお願いします。皆さんのポチが励みになります!

人気ブログランキング

 

 

先日、スルガ銀行が新生銀行と提携するというニュースが流れましたが、このスルガ銀行の行く末は不動産融資にかなりの影響を及ぼすという意味で多くの不動産投資家が注目されていると思います。

 

僕はどんなに短くともあと2年間は昨年購入した1棟マンションを購入する予定ですが、その後は場合によっては売却することも検討してはいるので、不動産融資の状況は特に注視しています。

 

今回大きな金額の投資をしましたが、1年保有して思うのが、僕はフルローンでの購入は性格的に合わないということです。といっても、今まで購入した物件はすべてフルローンで購入している自分がいまさらそんなこと言うのもなんですがw

 

不動産投資自体は今後も末永く続けていこうと思っていますが、まずは今の状況を手中に収めることをすべきだと思っています。手中におさめるというのはほぼほぼ自己破産になることはないと自分の中で安心して言える状況を作り出すことであり、僕はその基準を厳しくしているため、今はそう言える状況ではありません。

 

今から約4年半にわたって、そのように言える基盤を作ろうと思っています。

 

僕が購入した1棟マンションは保有してから気付いた想定外の悪いこともありますが、良いこともあります。目下の課題は空室対策の強化であることは間違いないですが、こちらのほうは必要であればある程度の設備投資も行い、しっかり検証をしたうえで、空室対策をしていきます。

 

将来的には最寄り駅が高架化され、保有している不動産方面が開発されるという計画が役所で発行されているので、どこまで発展するかというのは疑問が残るところも多いですが、少なくとも盛り下がっていくエリアではないとは思います。

 

ただ、発展したから必ず不動産価格が上がるとも言えないのが不動産投資であり、その時の融資状況が大きく影響してきます。仮にスルガが破産するとなると、不動産融資全体がさらに厳しくなることが想定されていたので、ひとまず、いきなり悪化することはないという意味で安心はしています。

 

また、金利の動向も大きな影響を及ぼしますが、しばらくは金利が上昇する気配がないので、そこも借り入れをしている身としては安心しています。ただ、5年後、10年後は何が起こるかわかりません。今のうちに、違うキャッシュポイントも作りながら、精神的余裕をもって賃貸経営ができるようにしていきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪