今日も↓↓↓をぽちっとお願いします。皆さんのポチが励みになります!

人気ブログランキング

 

今年も本業の営業日としては最終週となりました。

来月は初月から決算作業で忙しい上、最終週は挙式で10日程度の休暇をいただくことになっているため、かなり忙しい月になりそうです。

 

それとともに、来月から賃貸の繁忙期が始まります。

来年のこの時期は1室解約通知があり、今と同じ状況でした。

 

しかし、1月に入った途端、1件解約、2月にも解約、そして3月にも解約と5か月連続で解約通知が入ったという形でした。

 

この解約通知のペースが通常なのか?それとも昨年が多かったのかは今年何となくわかるだろうと思っていますが、今年はなんとなく毎月解約通知が届くということにはなりづらいのかなと思っています。

 

ただ、解約が出るのであれば、できれば来月再来月に退去してもらって、一番良い時期に決めて、その後の閑散期には全く退去が出ないという形がベストです。24部屋もあると、そういった繁忙期にみんな出ていくわけではないんですけどね。

 

今年は解約通知が入ったという意味だと、7件でした。1件解約未遂があって、結局その方は転職しないことになったため、解約通知の取消をしていただけましたが、それが解約だった場合、8件でした。

 

7件ということで、解約率でいえば、29%だったわけですが、一般的には25%以内に収まると言われているワンルーム経営なのと、入居者からの苦情がほぼなく、更新率が高いことを考慮すると、今年はたまたま解約が多くなってしまったのかと楽観的に捉えています。

 

であっても、来年1月~3月に全く退去なしという奇跡が起きるはずはないので、数件更に解約通知が出ることを頭に入れながら、動いていきたいと思います。

 

さすがに年に7件も解約通知をもらうと、メンタル耐性ができてきます。加えて、解約通知を7件もらっても、想定以上に手残りキャッシュフローが出たという実績が今年だったので、1回1回の空室対策をしっかり、コストパフォーマンスを意識した形で行っていけば、しっかりキャッシュは残るという自信も今年得ることが出来ましたので、今年は昨年ほどの不安はありません。

 

物件の課題も2年弱の経営で認識してはいるので、なくせる弱点は極力なくしながらも、強みであるお得感を意識しながら、適切な対応をしていきたいと思います。今年から直接仲介業者とやり取りできるようになるので、情報量も増えると思います。そこでもまた大家として成長していきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪