今日も↓↓↓をぽちっとお願いします。皆さんのポチが励みになります!

人気ブログランキング

 

 

夜逃げをされた部屋が空室1部屋として残っていましたが、早くも申し込みが2件入り、今年は有終の美で終わることができそうです。

 

とはいっても、今年は24部屋の1棟マンションで計8回の入退去がありました。1年間の単身ワンルームの解約率が25%といわれている中で33%程度の解約率となったわけですから、通常より退去が多い年でした。

 

結婚や転職等のどうしようもない転居理由もございますが、明確な理由なく退去された方もいたので、今後の対策により退去率を下げていく取り組みも必要になると今は考えており、来年以降の課題にしています。

 

この物件、購入当時はそこまでキャッシュフローに余裕がない状況でしたが、今年の繰り上げ返済と各種コスト削減、そして月極バイクパーキング収入及び携帯基地局収入といった新たな収益源の発生により、当初と比べると大分キャッシュフローには余裕が出てきました。

 

そして、今年8回入居者募集を行いましたが、平均の空室期間が1か月~1か月半で成約に至っているという点は自分自身でも評価をしたいと思います。周辺の同じようなワンルーム、3点ユニットがある中でこの実績をおさめることができたので、家賃や物件のスペック等の総合的な面で競合力が高まってきているのだと思います。

 

もともと中長期保有方針で、今もそれを基本路線にはしていますが、来年は保有方針について再度検討をしたいと思っています。その結果、やはり中長期保有方針を続けるのであれば、やはり気になるのがエレベーターと給排水管です。

 

エレベーターについては、まだ1回も取り換えをしていないようなので、時限爆弾を抱えているようなものです。このエレベーターについては、不備が発生したら、その都度必要な個所のみ修繕していくという方針でいますが、今一度その方針で問題ないか?確認をしたいと考えています。

 

あと給排水管ですが、これについてもRC造の賃貸マンションオーナーで給排水管をそうとっかえするということはほぼ聞いたことがありません。そうとっかえをした場合、壁や天井をはつらなければならなくなるため、相当な時間を要しますし、金額も4桁万円単位でかかってくると思います。なのでこちらも都度都度対応でやっていく方針です。

 

話は戻りますが、1年退去回数はできれば平均5回くらいで回していければなと思っています。そのためにはまだやるべきことが多くあるので、気を抜くことなく来年もやるべきことをコツコツとやっていきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪