今日も↓↓↓をぽちっとお願いします。皆さんのポチが励みになります!

人気ブログランキング

 

先週の木曜日をもって、契約金の入金が確認されたので、無事申し込みが入っていた入居者の方は契約締結⇒入居までの流れがほぼほぼ確定したので、入居者募集をお願いしていた業者には募集停止のご連絡をさせていただきました。

 

ただ、1つの支店に言っても、他の支店に伝わっていないことがあり、まだ反響のお電話をいただきます。

 

例えば、タウンハウジングさんには僕は結構お世話になっているのですが、僕は大家直接募集ということで、物件近くの支店に直接出向いて、募集のお願いをしています。その際に、もし決めていただければ、その仲介会社と管理の契約を結ばさせていただきますということはお伝えしているのですが、それがおそらくおなじグループ内で共有されていないと思われます。

 

というのも、今回2室決まった内、1室はタウンハウジングさんの違う支店経由であり、その支店は、レインズに掲載していただいている千葉の会社経由で連絡をもらった次第だからです。

 

タウンハウジングさんとしては、僕と直接契約したほうが、自分たちの契約書フォーマットも使用できるし、保証会社とか火災保険で、多少のバックも入ってくるし、入居者が入居後も2年に1回更新料の半額を手数料としてもらえるので、得なはずなんです。

 

でも、あえて、レインズ経由で千葉の管理会社に連絡してくるということは、共有されてないんだなーとつくづく思います。

 

そこで、ここからが、今日のタイトルの話なのですが、僕が入居者募集のお願いをした業者に直接メールで募集停止の連絡をしても、その後結構反響が来ています。

 

しかも、結構具体的なことを聞いてくる方が多いので、決まる可能性がそれなりにある感じの問い合わせもありました。

 

僕としては、ここまで問い合わせが来るのであれば、今年また発生するであろう他の空室にあてられればな・・・なんて思うのですが、そう自分の都合の良いようにいかないのが、経営です。

 

ひとまずは、この繁忙期できっちり満室に持っていけたことは良かったです。

昨年は、繁忙期で満室にできず、2室残ってしまって、イライラしていたのが、ゴールデンウイークだったので、何とか、良いゴールデンウィークを過ごしたいなーと思います。

 

今後、地場の仲介業者との付き合いはどんどん深まっていくと思います。

良い状況の時こそ謙虚にしながら、苦しくなった時に助けてもらう低姿勢で、ほぼほぼ常時満室物件と認知いただけるよう、強い募集活動を確立していきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪