今日も↓↓↓をぽちっとお願いします。皆さんのポチが励みになります!

人気ブログランキング

 

最近は世間でもコロナウイルスの話題で持ち切り、僕のブログでも度々取り上げていますが、実際にこのコロナウイルスの影響が読めない中で、色々な事を考えなければならない局面のため、ブログの内容もそうなってしまいます。

 

今、世の中では株価が下がり、それに伴いREITの価格も下落してきています。

その中で、実際の不動産売買の状況的にも、将来の経営不安から所有している不動産を売却して現金化していこうという動きが強くなってきているという話も聞きます。

 

ただ、今のところ、個人で不動産を所有されている方は、残債が残っているため、すぐに売れずに投げ売りが出来ない状況にあるため、株価にように、急落ということはないと考えています。

 

急落になる状況は、自己破産者が続出し、金融機関がその不動産を投げ売りせざるを得ない状況なので、世の中がかなりヤバくなってくる状況ですが、まだそこまでの局面ではないですし、世界各国があれだけ財政政策を繰り出しているわけですから、そこまでには落ち込まないだろうと思ってはいます。ただ、世の中何が起こるか分からないので、その可能性もゼロにはできません。

 

そんな中で、少なくとも今は不動産価格が上がっていく局面ではなく、下落していく局面なので、投資家によって姿勢が異なってくる局面とも言えます。

 

簡単に言うと、先行きが不安になってきたため、所有不動産を売却して現金化しておく、債務金額を減らしておきたいので繰上返済を多めにしておくという防御を優先に進めるのか、それとも、不動産価格が下落してきたところで、不動産を安買いするという攻めのパターンです。

 

僕はどちらかと言えば、防御優先で進めています。というより、コロナ騒動が合ってもなくても、もともと5年程度かけて繰上返済を進めていく考えでいたので、それを計画通り進めていくということだけです。

 

僕の不動産投資仲間では、このコロナ騒動を好機ととらえて、不動産を更に買い進めて行く姿勢の方もいます。そういった方は、今在宅勤務で自由に動けることを上手く利用して、普段は使えない平日日中の時間を利用して、不動産屋にいったり、金融機関にいったりしていますね。

 

答えがない世界なので、自分なりの軸を持って動いていれて良いと個人的には考えています。

 

ただ1つの原則、“投資は負けないことが最重要”という原則が守れるのであれば。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪