みなさんおはようございます。

昨日は、語学研修時代に仲が良かった韓国人と一緒に飲みに行きました。久しぶりに飲んだ人もいて、かなり楽しめました。彼らは、兵役を終えての中国留学になるので、年齢的には26才、27才と私とほぼ変わらないのですが、まだ学生をやっています。学生羨ましいな~と改めて思わされた昨日の飲み会でした。

さて、タイトルの件、昨日か一昨日のYahoo Japanのニュースを見ていたら記載されていました。私たち大家にとっては死活問題ですよね、この手のトピックは。東京の人口がこれだけ減少するということは、地方の人口はさらに減少することが容易に想像できます。

これを聞いてまず想像できることは、大家間での競争に激化です。手を抜き管理をしている大家は、しっかり勉強し、実勢もしている洗練された大家に淘汰されていくでしょう。より勉強と努力が求められる世界になっていくでしょう。

また、先日、物件の「変えられない」条件を大事にしようという話をしましたが、これがより活きてくることになると思います。例えば、駅から遠い物件と駅から近い物件であれば、駅から通り物件の居住人口の減少の方が、駅から近い物件の居住人口に比べ、早いということは想像できます。

しかし、今日言っておきたいのは、「そこまで悲観しないでください」ということです。日本の人口が減少している中、なぜ?と思うかもしれませんが、意味があってあえてそう言っています。日本は歴史上、世界一勤勉と言われる日本人だけで経済を支え、高度成長期も経験し、世界有数の経済大国になりました。しかし、日本全体の人口が減少している中、移民を積極的に取り入れていこうという案が現在政府で協議されています。

そうすると、日本人の人口は減少していくかもしれませんが、日本全体の人口は思っているほど減少しない可能性があるということです。ここからは、私の個人的な意見ですが、もし、移民を取り入れるとしたら、まずはアジア系の移民を取り入れることになるだろうと思っています。それは治安、文化がより近似していて、彼らを移民をして取り入れたとしても、日本の治安、文化にそこまで大きな影響がないと思われるからです。

そう考えたときに、中国というがまず最初に思い浮かびます。

我々日本人は、現在、中国に進出することによって、中国の経済を刺激しています。しかし、今後は、逆に中国人が日本の経済を刺激することになるかもしれないことです。

そう考えた場合、「語学」、これをより求められるようになるでしょう。現在の不動産賃貸業者は、外国人対応が弱いと思います。自分で、語学を勉強し、彼ら外国人と直接コミュニケーションを取ることができる程度の語学力は欲しいものです。中国語は無理でも、せめて英語くらいは話せるようになっておくと将来、活きてくるはずです。

ということで、日本人の人口が減少している今、求められることは、

①大家としての継続的な勉強、実践
②物件の「変えられない条件」を意識した購入
③語学力
と考えます。

いかがでしょうか?
僕の持論も入っていますが、参考にしてみてください。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪