今日もご支援ありがとうございます。↓をポチっていただくようお願いします。
忙しい週も終わりを迎えようとしています。

人気ブログランキング

 

 

中々表面には出ずらい具体的な融資条件の話ですが、

最近、多くの不動産投資家の方と融資条件について共有する機会が増えたこともあり、そういった情報を通じて自分の立ち位置を把握することが出来ます。

 

例えばですが、SMBCの某支店に僕の属性情報や資産情報を持ちこんだのが約1年半前でしたが、その時は厳しくうちの銀行は最低でも頭金3割入れないと融資は受けられないという話でした。

 

しかし、違う不動産投資家の方で、同じSMBCで違う支店からほぼほぼフルローンで金利も1%程度のかなり優遇条件で融資を受けていることを知りました。

 

また横浜銀行にしても、僕は最初から蹴散らされましたw

どうやら僕の属性的に将来的に住宅ローンを組んで住宅を購入する可能性が高いので、その可能性と現在の残債金額を考えると、融資は5,000万円ぐらいしか出せないということを言われました。

 

色々聞いてみて思うのですが、結局は融資の関しても数なんだと思います。

同じ銀行でも支店によって異なりますし、また対応していただいた銀行員の方によっても異なります。また時期によっても不動産融資に対する姿勢も異なるでしょう。

 

既に自分の立ち位置を確立されて、相当な資産規模を持っている不動産投資家の方であったり、本業の属性がかなり良い方は金融機関に融資の相談を持ち込んで蹴散らされる可能性は比較的低いんだとは思いますが、自分の属性や資産背景、残債状況にあまり自信がない方は、諦めずにいろんな金融機関に物件情報と属性情報を持ちこむこと、これは必要なんだろうなと最近痛感しています。

 

僕は金融機関の人間ではないので、知っている銀行と言えばメガバンクや名が知れている地銀のみですが、日本には星の数ほど金融機関は存在します。そして、僕が知らない銀行や信用金庫等からかなり優遇された条件で融資を受けている方が多くいます。それを最近知らされて、やっぱり融資の条件も足で稼がなくてはと思うようになりました。

 

ただ、難しいのは購入する物件の具体的な条件を持ちこまないと金融機関としては完全に判断が出来ないということです。事前に属性情報を持ちこんで、どれぐらいまで融資が受けられるか?どういった条件で融資を受けることが可能か?ということは分かるかもしれませんが、その時によって、また購入する物件によってまた言うことが変わりますからね。

 

ただ、付き合いがある銀行を増やしていくことは悪く働くことはないと思いますが、有給取得できて時間が出来れば、融資の相談をしにいくこと。これはやっておいて損はないのかなと思います。勉強にもなりますしね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪