今日もご支援ありがとうございます。↓をポチっていただくようお願いします。
皆さんのポチがブログの力の源といっても過言ではありませんw

人気ブログランキング

 

 

今日は不動産投資と遠からず、たびたびこのブログでも申し上げている事業投資のお話です。

 

昨年10月頃にこの投資の話を、信頼がおけるコンサルタントの方からお聞きして、

正直事業自体の内容は全て把握できませんでしたが、そのコンサルタントの方自身も相当額投資しているということで、僕も数百万円レベルで出資しました。

 

最初は、予定通り分配されていました。分配は、基本1か月に1回程度、金利は月利で10%というものです。しかし、運用金利の3%分を第三者の方へお渡しすることによって元本の50%は保証されるということだったので、その保証に入り、実質は月利7%の運用をしていました。

 

あり得ないほど高い金利だったので、その時点で怪しいと思うべきではありましたが、信頼がおける人も僕より何倍ものお金を出資していたので、この人が出資しているなら大丈夫だと思ってしまっている自分がいまして。。。

 

結果、1月までは分配されたものの、2月からは分配がとまっていました。それがやっと今週初めに一部お金が入ってきました。

 

連絡はそのコンサルタントの方を通じて行っているのですが、その方曰く、もうその事業家にはお金はないし、実態としては事業などしていないということでした。

 

最初から騙すつもりだったという話かどうかは今となっては謎なのですが、この投資で3年以上転がしている人もいるという話は聞いており、だますつもりではなく、何か不測の事態が起こってしまったんだろうなというのが僕たちの味方です。

 

もちろん、そのコンサルタントの方は相当額の損失を被っている状況です。しかも、その方には半額の保証などないのですから。。。

 

目下の流れとしては、長い時間をかけてその事業家から出来る限りお金を回収して、もうダメだと思ったところで、第三者の半額保証を履行してもらうということです。そのことにより、出来る限り傷口を浅く出来ればというのがそのコンサルタントの方の考えです。

 

いずれにしろ、今は利益を積み上げていくという意識は全くなく、損失をいかにして最小限にすることが出来るかというところです。

 

民泊のように自分の時間をかけてやっていたことなので、時間的な損失は被っていませんが、それにしても早すぎます。せめて1年は持ってほしかったというのが正直なところです。

 

もう今後、こういった何をやっているのか全てを把握していない事業投資というのはやらないことにします。これによって、不動産投資の拡大スピードが縮小するのは非常に馬鹿らしいですからね。

 

皆さんもおいしい話にはご注意ください。

やはり、金利が高い投資はその分リスクも高いという1つの実例ですよね、この件も。。。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪