みなさんこんばんは!

今日は、中国の暖房について、今現在苦労していることを話したいと思います。
今僕は、大学の留学生寮に住んでいるのですが、これがかなりの地獄です。。。
というか、留学生寮だけでなく、普通の家でも今の時期は、家の中で過ごすのが厳しい家もあります。

それはなぜだと思いますか?

以前ちょっと紹介したかもしれませんが、中国のお湯を循環させ、部屋を温める暖房は政府が止める時期を決定しています。それが、北京・天津などの北東地区の場合は、3/18に設定されています。つまり、今週月曜日から暖房が効かなくなっているということですが、これが、部屋が寒すぎて生活がままならないんですよね笑

留学生寮には、冷房はあるのですが、暖房はないため、お湯を使った暖房が止められてしまうと、もう外とあまり変わらない気温の部屋で過ごすしかありません。ちなみに、今住んでいる天津は、今の季節でも、最低気温は0°前後です。

中国は、日本よりも30年遅れていると言われていますが、こういった不便な事に直面すると、日本での生活との差を実感させられます。ただこれはチャンスでもあります。中国の不動産業界(リフォームや建物の外観)も、30年遅れているとしたら、今現在日本で行われていることを、

中国風にちょっとアレンジすれば、うまくいく可能性は十分なると思います。

ただそれが、具体的に何なのかは、これからの生活の中で探していくしかありません。
また、面白い話があれば、報告させてもらいますね!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪