みなさんこんばんは!

今日は、私が購入した中古物件の可能性を背景をもとにお話したいと思います。
みなさんの中で、新築の方が良いと思う肩もいるかもしれませんが、中古物件は現在の状況を考えると、様々な可能性を持っています。

みなさんの中には、築年数が、30年、40年経過している物件なんて価値があるのか?そんな物件を活用することなんて出来るのか?と思う方もいるかもしれませんが、それだけの中古物件であって、今後はより価値が高まる可能性が高いと思っています。

人口減少に伴い、昔は、住宅が供給不足であったのが、今はみなさんもご存知のとおり、住宅供給過多になっています。。そうなると、どういう機運が生まれるか?そうです。既存の物件を積極的に活用しようという機運が顕著に生まれてきています。

具体的になぜか?

まずは、住宅の寿命が次第に長くなってきていることが挙げられます。そもそも、住宅というのはしっかり整備をすればSRC造であれば100年はもつと言われています。世界の滅失住宅の平均築後経過年数をみてみると、日本が30年であるのに対して、イギリスでは77年、アメリカでは55年というデータが出ています。日本の建築技術がアメリカ、イギリスに対してこれほど劣っているとは考えにくいので、中古を活用しようと思えば、建物の寿命的には活用することが可能です。

次に、依然として新築重視の価値観は基本的には変わっていないものの中古住宅の方が同じ立地でも割安な価格で購入することができ、取得後に好きなようにイノベーションして住めるという考えが購入者の中でも広まってきたことが挙げられます。建物の外観を変えるのは難しいですが、建物内を変えることはお金さえあればいくらでもできますからね。実際、中古物件にリノベーションをかけ、それを売り出し利益を上げる専門の会社も増えてきています。

こういった状況を考えると、どんなに中古物件であっても、立地が良い物件は保有するのが得策だと思います。今後は、中古物件にリノベーションをかけたり、建て替えをすることに対して政府からの支援が出てくることを密かに僕は期待してます笑

みなさんは、新築物件派ですか?それとも中古物件派ですか?

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪