今日もご支援ありがとうございます。↓をポチっていただけると嬉しいです。
今週末に候補物件の内見をしに行きます!

人気ブログランキング



阿倍1強は崩せず、与党圧勝という形で選挙の結果が出ましたが、
予想通りという展開でしたね。

これは受けて、不動産市況はどうなるのか?知り合いの大家の方とも話す機会があり、大分私見も入っているかもしれませんが、1つの情報としてご参考までにシェアしたいと思います。

まず、今回の与党圧勝により、日銀の黒田総裁の続投がほぼ決定的となり、マイナス金利も当面は続く見通しになりました。また、日銀としては物価目標を2%上昇ということで、置いていますが、おそらくこれを達成するまでは金利は上げられないというのが大方の予想です。

消費税を10%に上げるという話しも、何かの理由をつけて、また延期するというのが既定路線なので、これもまた不動産市況には好影響です。

こういったことを考えると、しばらく不動産価格は下がらず、高止まりを続ける可能性が非常に高いというのが、大家の方との話し合いの結果でした。やはり、オリンピックまでは下がることはないだろうという予想です。

僕としてはそれは好都合です。
2019年or2020年に勝負をかけようと考えているので、そこまでは資産整理です。
来年こそ1戸は売却したい、出来れば2戸売却したいという気持ちでいます。

今年は全ての物件を売りに出しました。
購入時の諸手数料を含んだ価格よりも1割程度高い価格で売りに出していまたが、結局買い手はつかず、惨敗で終わっています。

ただし、現在の残債よりも100万円程度多い手残りがあるような価格設定をすれば、買い手はつく可能性がある値付けになり、そこまで価格を下げることを検討しています。

5戸の区分所有を購入し、今でもお世話になっているコンサルタントの方にお頼みしようと今は考えています。タイミングが良いことに、2018年1月1日をもって、全ての物件が長期譲渡に分類されます。つまり、税率上もメリットが取れるタイミングとなり、今こそ売り時というタイミングになります。

入居者が出たら、実需として売却したいというマインドもあることはありますが、いつ退去するか分からない、それを待っていて、売り時を逃してしまうということが一番怖いことです。

区分所有は所有しているだけで個人信用を下げられるという金融機関も存在します。
ベストは数戸区分所有を所有した状態で、かつ、債務がゼロという状態。それは文句なしのホワイトです。

その状況に近い形で1棟に臨めるよう、来年引っ越し関係が落ち着くと思われる2月くらいから動きを強めていきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪