MAR86_bankokubashikaranoyakei20131122500-thumb-260xauto-3943-thumbnail2
みなさんおはようございます。

今日は、先週知り合ったカナダ生まれの中国人と、夕食に行ってきます。
まだ具体的な店は決まっていないのですが、ベトナム料理に行こうと考えています。
中国では、何回も申し上げているとおり、所得の差が多いので、人によっては、
僕たち日本人が行くようなお店だと、ちょっと高いという方もいます。

それは、その人が来ている服であったり、なんとなく話していて、感じる階層レベルで
あったりを判断して、決めるわけですが、僕が思うに、英語を話せる中国人は、
ある程度の階層にいる中国人だと思っています。
という意味では、今日一緒にご飯を食べる中国人も、英語はかなりうまいので、
ある程度の階層なのかなと思い、僕たち日本人が行くようなお店に行こうと思っています。

昨日は、不動産投資家としての能力を構成する7要素のうち、4つ申し上げました。
今日は、まず、残りの3つについてご紹介したいと思います。

以下ご参照ください。

ネットワーク構築(ソーシャルネットワーク、不動産屋ネットワーク、税理士ネットワーク等)

人脈、ネットワークの活用。
積極的に投資家同士のネットワーク等に参加し、情報交換をしていくようにしましょう。

本・新聞

○不動産マーケットに関する情報収集
経済新聞(日経新聞など)
雑誌購読(東洋経済、ダイヤモンドなど)
業界紙(全国賃貸住宅新聞、家主と地主など)の購読
通信講座、DVDなどの利用
不動産投資に関する書籍
投資家や大家のブログやHP

例えば、自分で不動産に関するニュース記事を切り取り、1年で1つのファイルを作り出す。自分だけの不動産新聞を作ってみてください。その繰り返しが、不動産投資家としての能力向上につながっていきます。

コミュニケーション能力

不動産投資というと、不動産があっての不動産投資と思いがちですが、コミュニケーション能力はアパート経営を成功させる上で最も重要な能力です。

競争に勝って利益を出していくための専門知識(不動産そのものに関する知識、税務、法務の知識、改修工事の知識・ノウハウ、入居者募集(リーシング)のスキル)とノウハウも重要であることは確かですが、それ以上に人に気持ちよく働いてもらうためのコミュニケーションスキルが必要になります。

いかがでしょうか?

本・新聞は、昨日の勉強会・セミナーの項目に似ていると思った方もいらっしゃるかもしれませんが、前者は、受動的で一般的な知識、後者は、その一般的な知識がある程度積み上がってきた状態で、それを実践型の知識に変えていくという意味で、項目を変えました。

不動産投資家は、満室経営の時に、何をするかで差がつくと僕は思っています。

というのも、満室経営の時は、入金のチェック以外特にすることはありません。
だからといって、何もしない人、時間がある今のうちに、不動産投資家としての能力をあげようと躍起になって、積極的に、上記項目、または昨日挙げた4項目の能力をあげようとする方では、5年後、10年後では、差がつくと僕は思っているからです。

でも、やる気はあっても、その期間に何をしてよいのか分からない。そんな方が実は結構います。

そういった方に、今日、昨日申し上げた内容ご参考にしていただければ情報を公開した甲斐があります。

それと、若いときから、不動産投資家として活動した方が、年齢遅くして始めるよりも良いと
申し上げているのは、今日挙げた5.ネットワークと7.コミュニケーション能力に起因しています。

特に、ネットワークというのは早く作った者勝ちです。例えば、今回僕の所有物件で空室になった新丸子の物件がありますが、何回かリフォームを行い、客付けをしていた場合、どの会社に頼めば、より質の良い、より安いリフォームをやってくれるのか?どの会社に頼めば、入居者が早く決まりやすいのか?というのが、現地にいかなくてもわかるようになります。

しかも、僕とそういった方々との間である程度の関係が築かれていれば、直接行かなくても、電話で対応してくれます。(関係がなくても対応をしてくれますが、やはり、顔を知っている関係の方が、あちらも気持ちよく仕事ができるというのはありますという意味で)

いずれにせよ、不動産投資というのは、どうしても受動的なイメージがある投資。つまり、待っていれば、お金が入ってくるようなイメージですが、実際は、成功するためには、ある程度自分が主体的になり、動く必要があるということです。

この点、勘違いして不動産投資を始めてしまって、実際に不動産投資をしてから気づくというのは良くないので、勘違いしないようご注意ください。

ただ、いったん、ある程度のネットワーク、ある程度の賃貸管理会社とのコミュニケーションを会得してしまうと、その後は、比較的、うまく経営しやすくなると僕は思っています。そのうまくというのを、どのレベルまで置くのかは、人それぞれですが、僕は、空室率5%というのを目指し、不動産経営をしています。

みなさんは、どういった不動産経営ができたら満足ですか?
出来る限り数値化すると、より達成しやすくなると思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪