今日も↓↓↓をぽちっとお願いします。皆さんのポチが励みになります!

人気ブログランキング

 

 

なんやかんやで僕は12月に入ってからほぼ3か月間出社せずに在宅勤務という状況ですが、出社した時と状況変わらず仕事ができています。在宅勤務でそれまでのワークスタイルが崩れ、仕事の効率性が下がっている方が増えていると聞いている中、なぜか?について考えてみました。

 

その1つの要因としては、不動産投資家として本業以外でもやらなければいけないことがあるということが関係していると僕は感じています。

 

僕はいつも出社前に、その日に不動産投資家としてやらなければいけないことを整理した上で、出社するようにしているのですが、空き時間を活用してなんとか切り抜けているという状況です。

 

そして、本業の仕事が終わってからも不動産投資家として行動していることが多いです。

 

ということで、本業以外にも、自分の生活をスタイルを維持する不動産投資家としてのワークスタイルというのがあったので、在宅勤務になってもそれは変わらず、従来通りのワークスタイルを維持できているのかなと。

 

あと、不動産投資家として日々考えて行動をしているので、いわゆるフリーライダーではないということで、上司の指示だけで仕事をしているということではないです。自分で考えて、本業と不動産投資家としての活動時間の割合を考えて、自主的に行動しています。

ということで、在宅勤務になって上司の目がなくなっても、従来通り仕事ができているのかなと思います。

 

昨今、副業を解禁する企業が増えてきていますが、社員の自主性を高めるためには非常に効果的だと個人的には思います。会社にぶら下がっていると、回覧される審査案件であったり、営業からの相談に対してただの話だと思っていますが、自分で実際にリスクテーキングして、ビジネスを営んでいると、自分だったらこうするとか、このアイデア良いから、自分の賃貸経営に活かせないかな、なんて積極的に考えるきっかけにはなります。

 

そして、そのように自分事で考えてきて育った若手時代と他人事だと思って育った若手時代では中堅社員になった時の実力にも大きな影響を及ぼします。

 

最初は経済的メリットだけ考えてはじめた不動産投資でしたが、今振り返ってみると、自分の能力向上のためにも良い影響を与えてくれています。

 

規模が大きくなるほど真剣度が上がるというのはありますが、自主性を高めるという意味ではどんなに小さい規模で効果はあると思うので、そういった面でも不動産投資に挑戦するか否かを考えていただければと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪