a0003_001887-thumbnail2
みなさんおはようございます。

日本に来て、3日間が経ちましたが、かなりいいときに帰ってきたなーと思います。
気温も快適だし、雨は降らないし、日ごろの行いが良いんですかね。笑
だらだらしてしまいそうな陽気ですが、日本に帰国後も、意外と、1週間も日本でゆっくり
のんびりすることってないと思います。だって、日本勤務時に1週間とか休み取ったら、
海外旅行とか、国内旅行とかに行くでしょうしね。
ということで、この時間、だらけることなく、有意義に使っていきたいと思います。

昨日は、僕がお世話になっている不動産コンサルタントの方のお声かけで、その不動産コンサルタントのもとで、不動産を購入した不動産投資仲間との飲み会がありました。

もともと、今週土曜日の帰国前日の夜に、飲みに行く予定ではあったのですが、そのコンサルタントの方が、日程的に無理だからということで、急遽、明日の夜になったわけですが、意外と8人くらい集合して、結束の固さを感じました。

その仲間には、いろんな職業の方がいます。1級建築士であったり、僕みたいな会計士の人であったり、工場で働いている人であったり、IT系企業の人であったり、小さな異業種交流会みたいなものになります。

不動産投資抜きでも、いろんな業界の話であったり、学歴や育ちなど、様々で異なるので、
話していて楽しいわけですが、いつも、一番盛り上がるのは、決まって不動産の話です。
それはそうですよね、不動産投資仲間として集まっているわけですから。

みんな若いだけあって、意識も様々なんですが、面白いなーと思ったのが、
それぞれの各不動産からのネットキャッシュフローの収益の差です。

基本的に、そのコンサルタントの方のネットワークを通じての不動産投資になるので、
不動産購入は、ある一定の不動産売買仲介会社を通じて、行うわけです。
そして、それに加え、1つの物件当たりの価格というのも、大体みんな似かよっています。

そうすると、各自、そこまで1物件当たりの不動産収益ってそこまで変わらないでしょうと
思いがちですが、それがまた全然異なります。

僕の場合、購入当時は、1つの物件当たり、3万円ぐらい、つまり、5戸でいえば、
大体15万円程度のネットキャッシュフローがありました。しかし、その後、家賃が減額した物件が2つあり、今では、1物件あたり、2万円ちょっと、5戸でいえば、大体11万円ぐらいに下がりました。

それが普通だと思っていたのですが、昨日出席した仲間の中に、1戸7万円、もう1戸5万円、
2戸で既に、僕のネットキャッシュフローを超えている人がいました。しかし投資している金額は、はるかに僕の方が上です。

まぁ、市況や運もあることなので、しょうがありませんが、それにしても、
そこまで差がつくとは・・・とちょっと考えさせられました。

ここで申し上げたいのは、不動産投資はやはり、不動産ありきだということです。
分かっているとは思うのですが、再認識しました。不動産投資において、個人の能力はそこまで重要ではありません。ただし、学ぼうという姿勢は重要です。

不動産投資の面白いところは、個人の能力が高いからといって、いい不動産をつかめるかは
分からないという部分です。自分の能力は低くても、一定の人脈、そして、運があれば、
成功に近づくことができます。

しかし、なにより、こういった具体的な収益の金額を開示できる仲間がいること。

それが、何より心強いです。不動産投資の世界は、何ども申し上げている通り、
孤独になりがちです。他の投資家と仲良くなるといっても、物件の情報を分け合ったり、
一緒に、リフォーム会社へ交渉をしたり、融資の情報をお互いシェアしたり、
そういったタイムリーな情報を分け合える仲間ってそんなに多くできません。

だからこそ、日本に帰国した時は、どんなに忙しくても、彼らとは会うようにしています。
不動産投資は期間が長いので、彼らとは一生の仲間になると思っていますので。
不動産投資を始めたことによって、経済の自由、時間の自由を得られる可能性が
できたことは、僕の人生大きく影響を及ぼしています。

しかし、それ以上に、社会人になっても、生涯にわたって付き合える仲間、
そういった仲間が、不動産投資を通じてできたこと、これも、それ以上に大きいことなんだなと
改めて感じました。やはり、そういった絆は大事です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪