a0960_005976-thumbnail2
みなさんおはようございます。

今日は、日曜日ですが、朝から会社の先輩に誘われ、ゴルフの練習に行ってきます。
と言っても、昨日の夜にも行ってきたので、これで、夜朝と続けて2連続になるのですが、
11月1日のゴルフコンペに向けて、甘いことは言ってられないので、今日も200発くらいは、
打ち込んできたいと思います。しかし、今日も、周りが見えないほど、空気が悪いです。。。
この空気本当にどうにかならないんでしょうかね。。。

まず、昨日の記事を読んでいない方は、昨日の記事からお読みください。

さて、今日も昨日に引き続き、不動産投資におけるリスクマネジメント方法について、
お話したいと思います。今日は、昨日の文末で申し上げたとおり、
人的リスク、自然災害リスク、経済変動リスク、それぞれに対応する、
具体的なリスクマネジメントについてお話したいと思います。

3つのリスクに対する対応策

上記6点を心掛けた上で、人的リスク、自然災害リスク、経済変動リスク、それぞれのリスク対応のパターンを意識して行うようにして下さい。

人的リスク対策

保険、チーム(管理会社)で回避

→保険:後程詳しく紹介します。
以下の過去記事をご参照ください。
・意外と知らない保険の種類と内容
http://jun-corporation.info/%e6%84%8f%e5%a4%96%e3%81%a8%e7%9f%a5%e3%82%89%e3%81%aa%e3%81%84%e4%bf%9d%e9%99%ba%e3%81%ae%e7%a8%ae%e9%a1%9e%e3%81%a8%e5%86%85%e5%ae%b9

→チーム(管理会社)
・やはり、不動産業者の方は、顧客の事を考えず、利益を追求する方が多い。パートナー選びには気を付けなければいけない。倫理が欠けている不動産業者が多い。

・不動産業界で信用できる人は、10%以下で、他業界では考えられないほど低い数字

・建物外に建物・賃貸管理会社の緊急連絡先(24時間365日連絡可能な携帯電話番号等)を記載しておくことは、重要

・自分から管理会社に連絡を取り、物件に関して動きがないかをまめに確認することが大切

・契約更新の際、賃借人の勤務先、連帯保証人等、諸状況、本人確認等を再確認するのを忘れないように

・自分が責任をとらなければならない経営者として誰とどういう話をしたかは絶対に忘れてはならない。その為に、重要なことは、ノートに記すなどすべき。理想は毎日、管理日誌を書くこと

・クレーム放置は、クレームを呼ぶ、これは命取りになる

・通常は入居者が変わるたびに鍵を交換するのが理想的

・滞納には、電話・手紙・訪問・配達証明付き内容証明郵便督促等、段階を踏みながら、迅速な対応を行なっていく

自然災害リスク対策

保険、リスク分散で回避
→保険:上記下記記事をご参照ください。

→リスク分散
・不動産ポートフォリオを組む(築年数、エリア、物件種類)
・地盤のよいエリアを選ぶ。地盤については内閣府が「地震の揺れやすさ全国マップ」を公表している

経済変動リスク対策

→投資家本人のノウハウ、スキルで回避
・変動金利の場合、最悪、5年ごとに、返済額が25%ずつ上昇しても大丈夫なように備える

・物件利回りは年を追うごとに基本的には徐々に下がっていくものなので、それに備え、不動産経営をする

・賃貸管理会社の家賃保証システムに入る。一般的には、総家賃に対して10%~20%の手数料がかかる。

しかし、設定家賃が低い可能性があるので注意するようにいかがでしょうか?

昨日今日と不動産投資におけるリスクマネジメントについてお話しましたが、
不動産投資には多くのリスクがあることを分かっていただけたかと思います。
これをゼロにすることはできません。

しかし、リスクを減らすことは可能です。
ですので、上記の内容を参考にしながら、みなさんもリスクを軽減していきましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪