snow-on-the-cake-1254279_1280

 

皆さんおはようございます。

 

もう9月になりましたが、相変わらず暑い日が続きますね。

例年だと9月末ごろには涼しくなるはずですが、今年はどうなるのでしょうか。

そして、気づいたら、冬を迎えるんですかね。1年ってホント早いですよね・・・

 

不動産投資仲間と話をしていると、絶対に話題になるのが、

不動産投資だけでは、お金持ちにはなれないということです。

仮に、不動産投資だけで、1か月10万円の手残りキャッシュフローがあったとしても、

1年間それを使わず貯金して得られる金額は120万円。

 

120万円だけでは大きなことはできません。

家計の大きな力になることは間違いありませんけどね。

 

とすると、不動産投資の規模を拡大するには、他でお金を作る必要があります。

給与から生活費を差し引いた金額を貯金し、不動産投資で得たお金を貯金して、

それにプラスして、第3のキャッシュポイントを作る必要が出てくるということです。

 

それがどういったビジネスか?というのは、人それぞれ異なっており、

それも、いつも不動産投資仲間の飲み会で話題に上がります。

 

しかし、既に融資を受けている身なので、株式投資、FX投資等のリスクのある

投資にはあまりお金を突っ込むべきではありません。本当の余剰資金を投資するぐらいなら良いですけど。

 

僕が先日申し上げた、インデックスファンド等のロウリスク・ロウリターンの投資は、

良いかもしれません。ただ、余剰資金の全額ではなく、一部をそういった投資に回すという考えです。

 

また、J-REITも面白いかもしれません。

実物不動産投資のように、経営を自分で行うことは出来ませんが、

定期的に情報が届くので、それまた勉強になり、自分で行っている実物不動産投資の勉強になることは間違いありません。

 

不動産投資を始めると、リスクに対しては敏感になります。

なぜなら、一歩間違うと自己破産になる可能性も0ではないからです。

 

だからこと、他のリスク資産への投資をかなり躊躇するようにはなるんですが、

一方で、不動産投資だけでは、思ったようなお金が入ってこないということに、

すぐに気づきます。

 

ある程度拡大すれば、それだけで生活ができるようになりますが、

そこまで、持っていくのに時間がかかってしまうわけです。

であれば、そのスピードを上げるために、何かほかのビジネスをしよう、リスクがない形でという考えがでてきます。

 

しかし、僕の周りでは、そういった考えを持っている人が多いものの、

実際に、自分でビジネスを興し、10万円以上のキャッシュを継続的に生み出している人は、

いません。あると言えば、民泊でしょうか。あれは比較的シンプルなビジネスですからね。

 

そんなマインドをもって、引き続き不動産経営に臨み、

今年中に、なんとかもう1つぐらい、新たなキャッシュポイントを作りたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪