今日も↓↓↓をぽちっとお願いします。皆さんのポチが励みになります!
今月は2日休暇をもらったので、そろそろ大掃除を始めていきたいと思います。

人気ブログランキング

 

 

今日は昨日の続きです。不動産投資を始めて良かったこと、悪かったことを考え始めると色々出てきます(笑)僕は今年4月で、サラリーマンとして丸々10年間働いたことになりますが、その内7年半は不動産投資の活動と重なっているという意味で、サラリーマンとしての活動以上に不動産投資への思いを強く持っています。

 

とはいっても、僕の場合は大成功というレベルではなく、まあ失敗はしていないかなと、しかもサラリーマンとしての収入を全て貯蓄に回しながら、コツコツ繰上返済をしながらという感じなので、地道と言えば地道なのかもしれません。でも良い意味で後悔はないですね。やりたいことをやってこれたという感じです。

 

ということで、また話がズレてしまいそうなので、不動産投資を始めた良かったことの続きを書いていきたいと思います。

 

サラリーマンとして働く目的

~目的がない行動がなくなる~

 

僕は、サラリーマンとしての何を成し遂げたい、何をやりたいというのが明確に定まっていない中で今の会社に入社したわけですが、そこで一番いきたくない経理部に配属されることが決まり、入社当時は悩んでいました。

 

その後も、経理の仕事に対して劇的にモチベーションが上がるということはなく、この先どうしようかなと思っていたところでした。ただ、会社自体は悪い会社ではなく、それなりのソーシャルステータスも保てるというところで、ある意味飼いならされているという状況だったのですが、不動産投資を始めたことにより、サラリーマンとして働く明確な目的が芽生えました。

 

これは良いことでもあるし、悪いことでもあると思いますが、負債を背負うことによって、人間誰しもその負債を早く返済したいという思いが生まれます。

 

通常の負債であれば、ローンを背負ったことによって、ローン返済しか発生しないのですが、不動産投資の場合は、家賃という収入も発生します。

 

家賃収入は短期間で大きく変動することはないため、繰上返済をすれば、それだけ自分の手残りキャッシュフローは増えます。不動産投資を始めてからはこれが僕のモチベーションになっていました。

 

つまり、サラリーマンとして稼ぐ収入や他のキャッシュポイントで稼いだお金を全て不動産投資の繰上返済に回し、不動産投資から得られるキャッシュフローを増やしていくとともに、自己資本比率も高めていく。

 

そのために、サラリーマンとしての収入は重要でしたし、今後も重要になっていきます。僕は、今もそうですが、あまり物欲がない人間です。お金をもらっても、何に使いたいとか、ブランド物を買いまくりたいとか、遊びまくりたいとか、そこまで考えない地味な人間なので、ある意味サラリーマンとしての収入の使い先が明確になったので、サラリーマンとして働いてお金を得る明確な目的が出来たことは、サラリーマンとしての仕事に対するモチベーションアップにつながりました。

 

僕は直近5か年計画を立てていますが、そこでは毎年一定額繰上返済を進めようとなっています。そうすると、毎年行う繰上返済に加えて、月々のローン返済で元本返済に当たっている部分もあるので、結構なローン元本金額が減額することになります。

 

まずは、5年後までに負債に金額をどんなに低くてもこの金額なら売却できるでしょという金額まで減らすことです。その金額までローンを減らすことが出来れば、最悪物件売却することができるので、精神的には大分楽になります。

 

区分マンション5戸の購入から7年半。ここまで勝負だと思って貯蓄を頑張り続けていましたが、ここから5年間も今まで以上に貯蓄をしていこうと思っています。そのために、僕の結婚相手にも状況を理解してもらわなければいけないので、しっかり説明はするつもりです。(予めある程度話はしていますが)

 

不動産投資を始めた時は、経済的自立を目指してやっていたのですが、そんなに簡単にサラリーマンを辞めることは出来ないというのが正直な感想です。ただ、事業を行う事によって、逆にサラリーマン収入の重要性が分かり、サラリーマンとして働く目的が上がるということは良かったことだと思っています。

 

人との出会い

~人の数だけ人生観があることを知る~

 

これは度々申し上げていますが、不動産投資を始めたことによって関わる人は格段に増えました。その中で、人に対する対処法も学ぶことが出来ています。

 

僕は本業は経理職ということで、基本的に社内の方としか接する機会はありません。社内の方であっても人間なので、色々勉強になるのですが、もともとは営業職希望だったということもあり、社外の違う会社で働いている方、違う業務をやっている方にはかなり興味がありました。

 

また、僕自身、そこまで人付き合いが良いという訳ではなく、人間関係は狭く深くしてしまう人間です。もし不動産投資を始めていなかったら、自分が付き合う人間関係の中でしか付き合いをすることがなく、他人と接する中で人との対処方法を学んだり、自分の人生観を広げたりするような機会は少なかったので、不動産投資を始めたことによって、自分の人生には良い影響を与えてもらっていると感じています。

 

不動産投資を始めたことによって、事業で大成功された方もいれば、自己破産してしまった人、親が自己破産をしてしまった人、とにかく私利私欲を求める人等々、いろんな方々とお会いする機会がありました。これからもいろんな方と接する機会が増えてくるのだと思いますが、その中で自分自身も成長していきたいと思います。

 

ただ、先日記事にさせていただいた人を欺く行為をする人物との接触に関しては注意しなければいけません。そもそも、ここ5年間は他人にお金を支出するということは一切しないつもりです。これも自分の未熟さが招いた結果という見方もあるので、学んでいかなければなりません。

 

ということで、2日続けて不動産投資を始めて良かったことについて書いてみましたが、如何でしたでしょうか?僕の考えと同じようなことを考えている方もいれば、全然違うことを考えている方もいると思います。でも、最終的に自分が納得するというのが一番重要だと思うので、しっかり考えて、自分が後悔しない選択をしていくようにしましょう!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪