今日もご支援ありがとうございます。↓をポチっていただけると嬉しいです。
そろそろ来年の計画を立てる時期ですね。

人気ブログランキング



現在、会社の同期からある事業に誘われ、それに参画するかどうか悩んでいます。
参画したからと言って、即サラリーマンリタイアになる訳ではないのですが、
色々考えると、今自分にその事業に費やせる時間と余力があるのか?いママ思い描いていなかった方向性なので、本当にそちらの方に進んでいいのか?等悩んでしまいます。

また、通常の起業であれば、まず法人設立にコストがかかります。
加え、今回やろうとしている事業は初期にある程度の出費が求められます。
金額にして、100万円ちょっとと大勢に影響するような金額ではないですが、しっかり吟味して考えなければならない規模ではあります。

加え、不安に考えているのは、共同経営という部分です。
人間には1人として同じ人はいないので、自分の仕事スタイルや価値観とは絶対に異なる部分が出てきます。共同事業をしたことによって、今まで仲の良かった友人がいきなり敵にまわる、仲違いしてしまうなんてことは良くあります。

もし、事業をやったことによって、金銭的にも損失を出して、大事な友人まで失ってしまったらなぁ・・・なんてことも考えてしまいます。

そこはやはり、対話を繰り返していくことでしか埋まっていかないのかなと。解決していかないのかなと思います。この話は、いきなり電話できた話ですが、それでぱっとできるほどそこまで軽い話でもないのかなと。なので、引き続き考えたいと思います。

そう考えると、不動産投資を始めるのは、簡単だなと思います。
自分の判断だけで出来ることは非常に大きいですよね。

また、仕組みが簡単です。簡単に言えば、安くモノを買って、出来る限り高く貸し出し、高く売ることが出来れば、事業としては価値です。そして、それを出来るタマ、不動産を増やしていくことを繰り返すこと。

ただ、トータル収益をプラスにするには市場の動向とも影響してきますし、非常に長いビジネスなので、想定外の、自殺や天災や滞納等にあわれて、損失を被ってしまうこともあるでしょう。

でも、通常の起業家は3年以内に会社を閉じてしまう人が30%以上と聞いたことがあります。が、賃貸業で3年以内に閉じるというのはよほど厳しい物件を買わされた人です。

僕も初期の頃は完全に素人でしたが、それでも6年続けてこられて、もう7年目です。しかも余裕がかなり出てきているという状況。

賃貸事業は起業の1つだと僕は考えていますが、難易度が低いものだと思います。ただ、男として挑戦したいという気持ちもあるので、打診してもらっていることも並行で考えながら進めていきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪