今日も↓↓↓をぽちっとお願いします。皆さんのポチが励みになります!

人気ブログランキング

 

 

世間では不動産投資と一括りに言っていますが、投資対象の不動産種別は多くあります。新築vs中古、1棟vs区分、RCvs木造、都心vs地方、ワンルームvsファミリー等々挙げたらきりがありません。ただ、どの物件種別でも成功している方はいるようです。(成功しにくい物件種別はありますが・・・)

 

その多くある物件種別でも、リスクとリターンは見合っているものが多いと思います。つまり、リスクが高い物件種別はリターンも高く、逆にリスクが低い物件種別はリターンが低いというのが、思うところです。

 

もちろん、そのはざまを狙っていくのが投資家の実力です。リスクが低い割に、ある程度労力を加えればリターンが高くなるものを購入していくというのが成功への近道です。が、それが出来れば誰も苦労しないということですw

 

例えば、現在流行している新築RC投資ですが、新築RCは工期が長く、完工するまでに1年半程度かかることが多いです。その間、土地購入代金の借入金にかかるローン返済は発生するので、利息のみという形にしたとしても、収益なしで、キャッシュアウトが発生するというリスクが高い状況になります。

 

加えて、現在こういう状況のため、工期の途中で施工業者が飛んでしまい、着手金や中間金等のお金が無くなってしまうということもあり得ます。金額規模が大きいうえに、持ち逃げされるとなると、これだけで一発退場となるリスクもあるというわけです。

 

しかし、もし都心で利回り8%とか9%のRCマンションを所有することが出来れば、今の相場であれば、利回り5%前後で売却することができるので、完工した瞬間に大きな売却益が発生することがほぼほぼ確定することになります。

 

新参者には難易度が高い投資ですが、依頼する業者との関係性が深く、ノウハウも蓄積されているような投資家にとっては、ブルーオーシャンとなりえ、それで富を築かれた方もいますよね。

 

この他にも物件種別によって、固有のリスクはありますし、一般的にはリスクが高いものほど、成功したときのリターンは高いという論理は不動産投資でも成り立つと感じています。

 

何が言いたいかというと、自分の得意分野を持つべきだということです。

これだけ多くの物件種別があるので、一生のうちに一個人が全て挑戦することは難しいと思います。

 

なので、自分の得意分野を作り、そこにフォーカスしていく。これが失敗しづらい投資方針だと個人的に思います。僕はそんなことも考えずに、25歳の時に見切り発車してしまいましたがw

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪