みなさんおはようございます。

今日の夜は、久しぶりに会う日本人の友達と飲みに行きます。
北京在住の日本人というのは、1万5千人しかいない為、
街中を歩いていると、日本人はほとんど見ません。

なので、たまーに日本人と飲みに行くと、心が癒されますね。言葉的にも、考え方的にも。
昨日は、インターネットの1球速報ではありますが、楽天vs巨人の試合を見ていました。
7回で則本投手が登板した時は、巨人は厳しいな・・・と思いましたが、なんと9回の土壇場
で追いつき、これは巨人の流れだろうと思ったら、楽天が勝ち越し、則本投手が投げ抜き、
楽天が勝ちました。

まさに、シーソーゲームでしたね。今年の日本シリーズは僅差の試合が多く、見ごたえがありますよね。

と不動産投資とは関係ない話をしましたが、ちょっと考えてみました。
」にも、昨日のゲームみたいに逆転したり、追いつかれたりってあったりするのかな?・・・と

ちなみに、勝ち負けの要素は、手元に残るネットキャッシュインとします。
結論からいうと、ほぼないと。

着実にコツコツこなしていく投資なので、一発金儲け的な投資ではないからです。
株式・FXのように市場の価格に変動幅が大きい場合は、大逆転勝ちがあります。
しかし、それを狙って失敗する人がほとんどです。大逆転している人がいるというのは、
その裏に負けている人がたくさんいるということです。市場っていうのは良くできてますよね、ほんとに。

しかし、不動産投資。。。そんな大逆転勝ちってあると思いますか?
特別な場合を除き、ほぼないですよね。

不動産投資は、簡単に言えば、物件を購入し、その物件を手塩をかけて、価値向上していき、
キャッシュフローの状態が良くなったら、次の物件を購入するというサイクルで事業拡大をしていくビジネスです。

従って、過去の行いというのが、累積していきます。
例えば、過去物件の管理をしっかり行わなかった人は、物件の劣化が早くなりますし、
全て全額ローンで購入し続けた場合、財務状態が悪くなり、何かトラブルがあった場合、
自己破産というのもあり得ます。

そういう意味で、不動産投資は野球で言えば、「バントを着実にしていくこと」だと思っています。

皆さんどう思いますか?
もし何かご意見等ありましたら、コメントしてみて下さいね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪