今日もご支援ありがとうございます。↓をポチっていただけると嬉しいです。
色々動きが激しい今日この頃です。

人気ブログランキング

 

 

今日はタイトルからはイメージ出来ないかもしれませんが、融資の話です。

融資というと機械的に審査がされて、機械的に条件が決定するとイメージしている方って結構多いのではないでしょうか?

 

実は僕もそうでした。

 

でも、実際は違います。

銀行の支店によってもスタイルは異なりますし、担当者によっても異なります。大体の場合、支店の担当者が稟議を上げる必要がありますが、その作文能力が結構融資承認を受けられるか?優遇金利条件を受けられるか?という部分に影響していきます。

 

その際にですが、銀行の担当者からすると、融資を申し込んできた人間がどういった人間か?どういった理由で不動産融資を受けようとしているのか?今までどういった実績があるのか?等々、個人の情報が出来る限りある方が作文をしやすくなります。また、担当者としても良い情報を取捨選択する材料が増え、良い作文が出来る可能性が高くなります。

 

そして、結果的に融資承認を受けやすくなる、より良い条件で融資を受けられるようになるということに繋がっていきます。

 

融資においても、就職活動を同様に自分がどういった人間なのか?ということが強く求められます。でも、就職活動の用に一般的にされている活動ではないので、意外とこの部分を甘く見ている人って多くいますし、就職活動ほど融資を申し込むにあたって自己分析が出来ている方っていないのではないでしょうか?

 

こう書いている僕自身もまだまだできていません。

自分はどういった人間なのか?なぜ大家業を営んでいるのか?今までどういった実績があるのか?等についてもう少し深堀して考えていきたいと思います。それが、すぐに結果は出ないですが、ここをしっかりしておけば、その後ゴーサインを出してからは、拡大が早くなります。

 

そして、こういった気付きを得られるのは周りで不動産投資に成功されている方とお話しできる機会があるからです。成功と言っても、もう普通では考えられないレベルまで拡大出来ている方、専業でやられている方というホントに大成功のレベルです。

 

やはり、何事もそうですが、その道で成功しようと思ったらその道で成功されている出来る限り多くの方にお話を聞くことです。これは何よりも重要です。

 

そこで聞いたことを実践していく。もちろん、自分の中で取捨選択することもあるでしょう。その中で、自分のスタイルを作っていく。どちらにしても、最初は猿真似から始めるというのが最も合理的なんでしょうね。もちろん、今も現役中の方を参考にしてですが。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪