今日も↓↓↓をぽちっとお願いします。皆さんのポチが励みになります!

人気ブログランキング

 

 

本業の仕事で隣に座っている方が39度の熱を出して、休暇をとっています。

普段その方と接することが多くあるので、移されていないかちょっと心配ですが、いずれにしろ季節の変わり目なので、体調には気をつけたいと思います。

 

僕は毎日自分で作成している1年間の目標と5年後の目標を見比べるようにしているのですが、自分で調整できる目標と自分の力ではどうにもならないこともあると感じています。

 

例えば、貯蓄の金額については、ある程度自分の力で調整することができます。

年間の収入はサラリーマン収入があれば、ある程度は予想可能なので、あとは自分の出費をどの程度調整するかだからです。

 

しかし、不動産投資に限って言うと、キャッシュフローを目標にした場合、大きくキャッシュフローを増やすためには、物件を購入する必要があります。そして、物件を購入するためには、融資を受ける必要があり、融資が出やすい出にくいの環境は自分では調整できない部分になります。

 

また、物件の条件についても、昨年初めぐらいまでは融資がバンバン出ていたわけですが、その中では、物件価格が高騰しており、利回りが下がっている状況でした。そういった市況も自分では調整できないものになります。

 

こういった情勢変化に応じていくことが投資家としては重要なんだろうなと最近は思います。

 

例えば、物件価格が高騰している時期に、自分の目標を達成するために無理やり物件を購入することは得策ではありません。

 

不動産の営業マンはいつでも営業文句があります。融資がバンバン出ている時期であれば、「今は融資が出やすいので」というのが営業トークになるでしょうし、今の融資が厳しくなってきた時期であれば、「不動産価格が下がってきたので」というのが営業トークになるでしょう。

 

目標を立てることは大事だと思いますし、僕は今まで目標を立てることによって成長できた部分は大きくありますが、こと不動産投資について、金額を目標にするのは良いと思いますが、達成時期は明確にしすぎないほうが良いのでは?と最近は思います。

 

これは言い訳ではなく、達成時期を意識しすぎてしまうと、本当に購入すべき時期を逃したり、購入すべきでない時期に購入してしまったりするので、そこで結果的に損になってしまう可能性があるからです。

 

目標を立てることは良いことですが、こと不動産投資に限っては…という部分、色々な考え方があると思いますが、1つの参考にしてみてください。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪