debt-1376061_1280

不動産投資を始めることに対する躊躇する理由として挙げられるものの1つで、
多くの人が恐れているのが自己破産だと思います。

自己破産がなぜ発生するのか?という話ですが、
簡単に言えば、負債の返済が収入で賄えず、
負債の返済が出来ずに滞納し続けるためです。

それで、皆さんが気になるのが、なぜ不動産投資で自己破産が発生するのか?
ということだと思います。

上記の自己破産の発生事由を、不動産投資にはてはめて考えてみると、
不動産投資によるローンの返済や突発的な支出に、収入もしくは貯蓄の範囲内で、
賄うことができない期間が一定期間続いた場合と言えます。

では、なぜ、こんなことが起こってしまうのか?

ずばり、不動産投資に規模を拡大しすぎてしまうということです。
それが、多くの場合、自己破産の理由です。

例えば、月収30万円は入ってくる人が、不動産投資を始めたとしましょう。
そして、購入した不動産はワンルーム1件のみで、
1か月のローン返済額は、5万円だった場合、
自己破産になり得ると思いますか?

生活費、交際費等を、多く使ってしまうという人以外は、
このケースでは、自己破産する人は少ないと思います。

しかし、フルローンで購入し、ローンの返済額が5万円という規模だと、
そもそも、純現金収入が、ほぼないという状態の為、
不動産投資をやる意味があるのか?という議論が発生しますが、
そこは、今回の記事では割愛します。

そして、その後、純現金収入を上げるために、不動産を買い増しして、
負債が1億となりました。1か月のローン返済額は40万円に膨れ上がります。

そうなると、サラリーマン収入以上のローン返済額となってしまい、
不動産が上手く稼働している時は問題ないのですが、
仮に、同時に数室空室になったりすると、持ち出しの部分が発生し、
場合によっては、1か月の収入では賄いきれず、貯金を取り崩すことになります。
そういった状態が数か月続き、貯金が尽きてしまい、支払えなくなる。
そんな状態が続くと、自己破産に至ります。

自分のローン返済額を把握している方が多いと思いますが、
再度、その金額を確認して、最悪のケースを考えてみてください。
自分の中で想定しうるあらゆるケースを考えても、
支出が収入・貯蓄を上回る可能性が低いと判断できるのであれば、
ひとまず、良しとしましょう。

この自己破産の話をすると、不動産投資の規模拡大を阻害してしまうことになりますが、
一方で、拡大することも重要です。
攻めと守りのバランスを、実践の中で上手く身に付けていきましょう。
その辺もお話もまたどこかでお話したいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪