今日もご支援ありがとうございます。↓をポチっていただけると嬉しいです。

人気ブログランキング

 

 

今日は久々に、売りにかけている物件の近況報告をしたいと思います。

今年は所有している5つの物件を全て売りにかけました。

 

その内、一番売りたかった物件は、賃借人が住んでなければそれなりの価格で売れたのですが、現入居者が既に30年以上住んでおり、死ぬまでそこに住むと宣言されているので、追い出しも出来ず、今の家賃はとれている間はこのまま所有しようという判断に切り替えました。

 

そして、残りの4つの物件に関しては、ゴールデンウィーク頃にまとめて売りに出しました。価格設定は売却査定の結果出た金額の一番上の金額にしました。その金額で売却できれば、購入時よりも高く売れるため、購入してくれる方がいれば即決売るつもりでいましたが、買い付けが入らず、3か月が経過したのが8月上旬です。

 

上記4つの物件の内、2つの物件に関しては立地が申し分なく賃貸経営がかなり楽なこと、また、価格を一定以上下げないと厳しい状況を鑑みて、8月上旬で売却活動を打ち切りました。

 

従って、今売りに出している物件は2つになります。

 

その内、1つは賃借人へのアプローチを続けている物件です。

現在、5つの物件ともに賃借人の方が住んでいます。ということで、実需での売却が厳しい状況なのですが、唯一、実需の価格で売れる可能性のある賃借人の方に購入しないかというアプローチをしている次第です。

 

7月からそのアプローチを始めているのですが、ポストに購入しませんか?という文言を加えた書面を投函してはいるものの反応なし。また、もちろん面会すべくインターフォンを押しているのですが、居留守をつかわれている可能性が高く、未だに直接話は出来ていない状況です。

 

その報告を聞いて、あまりしつこくアプローチするのも良くないので、8月はひとまず休んで、9月から再開してもらうように仲介会社の担当者にはお伝えしました。

これで、9月も同じ状況であれば、賃借人への売却は諦めようかと思っています。あまりしつこくやりすぎて賃貸経営の方に影響しても困りますし。。。

 

残りの1つの物件は、今回家賃5,000円アップで新入居者が決まった物件です。

家賃が上がったということはそれだけ表面利回りが高くなるため、高値で売れる可能性が高くなります。ただし、そもそもの価格設定を高めにしているので、売り出し価格はそのままにして様子を見たいと思います。

 

昨日の記事で申し上げたように、不動産価格は下落傾向ではあります。

売れる内に売るべくやれることはやりたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪