みなさんこんばんは!

今日は、一日暇だったので、北京大学と清華大学、そしてオリンピック公園に行ってきました。北京大学と清華大学はこの炎天下の中で、行列ができるほど学校内の見学券を待つ人がいたので、仕方なく断念。。。しかし、オリンピック公園は無事見学することができ、北京に来て初めての見学、なんとか終えることができました。でも、37°の中だったので、帰ったときにはクタクタでしたが。笑

今日は、帰ってきた時間が16:00頃で、まだ時間があったので、不動産投資のビデオを1時間ほど見ました。今日は、不動産回りの大切さについての講義でした。全部で1000件の物件があった場合、マイソクを見て、見に行く不動産は100件程度、そのうち、融資契約まで持ち込むのが3件程度、そして融資が通るのが1件という目安で見るようにと講師の方は言っていました。

ってことは、1000分の1!?と驚きましたが、その方はそうなんでしょう。そこまで、慎重にやれば、リスクはかなり軽減されるはずですし、100件は物件を見ている訳ですから、不動産を見る目がかなり磨かれるはずです。

講師の方が勧めていたのが、最低でも週に2件の不動産を見て回ること。そして不動産回りと楽しいことを結びつけ、=楽しいことというイメージを作る。これは例えば、不動産回りをした後は、必ず美味しいものを食べにいくだとか、家族で不動産回りをするだとかいうことです。パブロフの定理かと思いましたが、これも一理あるなと思いました。

そして、いろいろ不動産投資の勉強をしていますが、いちばん基礎となるのがこの不動産回りです。不動産回りができなければ、不動産の見る力が向上しませんし、不動産王へもなれません。これは、僕にとって耳が痛いことなのですが、、、というのも今は中国にいるため日本の不動産を見て回ることができません。代わりに中国の物件を見て回ることはできるのですが、日本と比べて遅れてますからね、、、中国の物件は。細かいところに粗が見えます。

例えば、今住んでいるところは、こちらで言えば高級マンションの部類に入るところなのですが、洗面所にドライヤー用のコンセントがなかったり、勉強机がなかったりと、色々です。まぁ綺麗なんで、文句は言えませんが。

ということで、みなさんも週二回の不動産回りをこれを機に始めてみてはいかがですか?
僕も中国の不動産回りをやってみようかなと思っています。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪