今日もご支援ありがとうございます。↓をポチっていただけると嬉しいです。
引っ越しまであと2か月程度。ワクワク感半端ないですw

人気ブログランキング

先週半ばに有給休暇を取得して、懇意にしていただいている業者の方と面談をしてきました。個人ローンの借り換えについてメインに1時間程度話す予定だったのですが、トピックが変わり、かつ、結果的に2時間面談になりましたw

結論としてかなり有意義な議論でした。

もともとは、個人の借換えについての実現可能性、もし可能であるならどの程度の金利、融資期間ぐらいでの借り換えが可能なのか?ということについてお伺いしたのですが、その方としては、今はやらない方が良いという結論でした。

この借換えによって、金利や融資期間の条件が良くならない可能性があります。それに加えて、融資手数料等のコストが発生します。

この借換えによって、次の借入ができやすくなるというメリットがあるので僕は進めているわけですが、そもそも、そういったコストを負担してまで進める市場が今あるのか?と言われると、融資が厳しくなり、だからと言ってまだ不動産価格がそこまで下がってきていない市場の中で焦る必要があるのか?という話です。

ローン整理の方法としては、2つあります。1つは今回相談しに行った個人借換えによる方法。もう1つは不動産売却による方法です。

不動産売却による方法ももちろん考えていて、実際今年は全ての所有物件を売りに出しましたが、希望価格では売れず、今に至っています。それと、僕自身、現在所有している物件はどれも悪い物件ではないので、所有し続けたいと思っている節があり、売却にはそもそも前向きではなかったことから、売り出し価格はかなり高い価格で設定していました。

僕が現在の物件を購入したのは東日本大震災の年です。ということで、そこまで高望みせずに、今の残債金額が手元に残る程度の価格で売ることは問題ない状況です。ただ悩んでいるのは、所有している物件が全てファミリータイプの延べ床面積が50㎡超の物件の為、空室で実需として売却した方が絶対に高く売れるにも拘らず、今は満室経営中の為、それが出来ないこと。オーナーチェンジ物件として売却してしまうと、低い価格での売却となってしまい、現在資金で困っているとかではないのにもかかわらず、焦ってオーナーチェンジ物件として売却する必要があるのか?ということです。

であるなら、今は待つしかないということ。
売却に関しては、今は期ではないと捉え、ひとまず空室が出るのも待つこと。
その間に不動産市場の変化を見ながら。というスタイルでどうか?という提案でした。

その不動産市場についても有用な情報があったので、それは明日更新したいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪