今日も↓↓↓をぽちっとお願いします。皆さんのポチが励みになります!

人気ブログランキング

 

 

今のところ、賃貸経営は順調に進んでいますが、将来来るであろう想定外の事態に備えて、色々準備や想定をしているところです。想定していないことが起きると初動が遅くなりますが、ということで、有事の際の初動を早くするためにも、また精神的負荷を和らげるためにも、想定は広めにしています。

 

その中で、不動産価格が今後どのようになっていくのかというのも想定しておかなければいけない事柄の1つのですが、これについては、結論、どうなるか分からないというのが正直なところです。

 

巷では、不動産価格は下落していくというのが大方の見方ですが、逆に、今後金融緩和がさらに行われ、お金じゃぶじゃぶの状態になった後に景気が戻ってきたタイミングでインフレが起こるのではないか?という方もかなり少数ですが聞きます。

 

ただ、想定は自分に都合が悪い方向でしておいた方が良いので、不動産価格は下がっていくだろうという想定を今はしています。

 

そうなった場合、不動産を所有している僕は損をするということになりますが、それはあくまで“その時点で売却した場合は”です。キャッシュフローが出る物件であれば、売却せずにそのまま保有するということもできます。

 

バブルの時に破産した方が何で破産したのか?ということを考えてみましょう。

 

バブルの時は、転売をすることで利益をするというのが不動産投資の主な目的でした。ということで、その後保有し続けるという目線で物件を購入していた投資家や業者があまりいなかったと聞いています。

 

転売目的の不動産購入の場合、融資を短めにひいていたり、保有し続けると赤字の垂れ流しという物件も多くあったのでしょう。転売で利益を出せている期間は良かったものの、不動産価格が下落する局面になると、売ったら損、保有していても損ということで、その状況に耐え切れず、破産してしまった業者や投資家が多くいたというのがバブル崩壊の簡単な流れだと認識しています。

 

ここで、現在のとバブルの時で大きく異なるのが、現在の不動産投資家は転売益を目的とした投資ではなく、その後の保有によって得られる家賃収入を目的に購入している方が多いということです。

 

ということは、そのまま保有し続けても、ある程度キャッシュフローを得られる想定で購入しているので、仮に価格が下がっても、売らずに保有し続けるという選択ができる投資家が多くなっていることになります。

 

こういう状況なので、バブルよりも破産者は少なくなるのではないかなーと個人的に思っています。とはいっても、そもそも、赤字キャッシュフローの物件を購入している方も一定数いるので、破産者がゼロというのはないと思いますが。

 

ということで、価格下落は僕に直接影響はないと思います。

とにかく今はキャッシュフロー最大化です。それに全身全霊を込めて取り組んでいきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪