みなさんこんにちは!
中国の国慶節も残り二日となり、あさってから本当に仕事が再開できるのか?と思うぐらい、ノンストレスの生活を送っています。といいつつも、この仕事がない期間に、不動産投資家としての活動をコツコツとはやっているところです。

最近、yahooのニュースを見ていると、不動産価格が上昇しているというニュースをよく目にします。この不動産価格、不動産投資家にとっては、死活問題とも言えるほど、大事なポイントです。もし、不動産価格が上昇しても、家賃が上昇しない場合は、単純に利回りが悪くなっていきます。そして、それとともに、金利も上昇した場合、借入をしている大家にとっては、二重苦になります。

そういう状況を考えた上で、今不動産価格が上昇しようとしているところで、まだあがりきっていないところで、不動産を買うべきなのか?僕は本当に良い物件があれば、買うべきだと思います。しかし、一番危険なのは何だと思いますか?それは、周りのニュースに振り回され、それをネタに不動産屋から勧誘を受け、「不動産価格もあがるっていってるし、不動産屋も今買っとかないと損するっていってるし、物件自体はまあ普通だけど、買っとこうかな・・・」なんて思って買うのが一番危険です。

不動産投資をして、何件も物件を購入してくると、ひと桁違う数字に対して、抵抗がなくなってくるのは事実です。例えば、3,000万円の物件を最初買うときは、「3,000万円!?自分の手取り給与の何年分かな・・・」なんて、思うのが普通だと思います。しかし、なれてくると、「借入をするから大丈夫でしょ、家賃も入ってくるし」なんて、ちょっと楽観主義になってしまう人も周りにいます。

しかし、そこは、絶対額で考えて欲しいんですよね。自分がしている買い物が以下に大きなものだということを意識して欲しいです。そうすれば、一つ一つの行動をより慎重にすることができるようになってくるはずです。不動産は、場合によっては、味方になってくれますし、場合によっては、自分に牙をむいてくる可能性もあります。その牙をむいてくる不動産かどうかを見抜くのは自分自身であり、だからこそ、不動産投資は自己責任でという言葉を強調する不動産会社や不動産投資コンサルタントが多いわけです。

今日僕が言いたかったのは、今がこういう状況だからダメ、周りがこういっているからダメというのは、そこまで重要ではなく、今自分は不動産投資家になりたいのか?なんで?購入しようとしている物件で儲けられる勝算は?なんで?というような能動的な考えを軸に動いて欲しいということです。

もちろん、市況や政府の政策は無視できるものではありません。しかし、そればっかり気にしていると、いつまでたっても独り立ちできない可能性もあるということです。
今日のトピックはどうでしたでしょうか?

もし、何かご意見等ございましたら、コメントいただければと思います。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪