先日、若干トライアル的な位置づけなのですが、仲介業者の方に今後の投資戦略について相談をしに行きました。ここ数年は、自分の知識を高めることに重きを置いていて、新しい仲介業者の開拓というのはしていなかったので、かなり新鮮でした。

 

それと同時に、若干重い空気を感じることもあり、自分の立場を考えて話をしないと、あちらからしても時間の無駄と思われ軽くあしらわれてしまうのでは?というのを感じたので、本日はその辺についてお伝えしたいと思います。

 

業者は出来る限り手数料を取りたいという立ち位置を意識

まずは、これは忘れてはいけないのかなと。

 

例えば、賃貸管理もやっている会社であれば、彼らとしては僕たち大家が購入後も賃貸管理を任せて欲しいと絶対に思っています。

 

しかし、僕の本心では出来る限り任せたくないと思っています。

それは、その方がコストメリットも大きくなりますし、任せるにしてもその不動産の地場で賃貸管理をやっている会社に任せた方が何倍も効率が良いと考えるためです。

 

また、僕自身は常に成長したいと思っています。

なので、最初は苦労しても自分自身でノウハウを貯めこみたいと思っています。

 

ですが、こういった個別相談的なもので出し過ぎると、物件を紹介してもらえなくなるんだろうなと感じました。それはそうですよね、丸投げ大家の方に紹介した方が、その後の賃貸管理手数料も取れるわけで、その方が会社としてはおいしいわけですから・・・

 

あとは、人としてという部分も人間なのでもちろんあると思います。

ただし、僕のように大家としてはまだ若い人間に対しては、こんちくしょーと思う方も少なからずいる為、武器にもなるし、弱みにもなるもろ刃の剣的な印象です。

 

いずれにしろ、謙虚に接するということをしていて間違いはないのかなと思います。

この点に関しては、次の章で述べたいと思います。

 

あまり知識をひけらかさない

この点は、どちらかと言えば、人間として好かれるかどうかに関係してくるのかと思います。不動産仲介の方は、いわばその道のプロです。

 

大家の方がいくら資格をとったり、多くの本を読んだからと言って、彼らの経験値にはなかなかたどり着くことは出来ません。そもそも接している時間が全く異なるわけですから。

 

そして、彼ら仲介会社のスタッフ自身も、そういったことに対して少なからずプライドはあると思います。

 

そういったプライドを壊さないように、うまく相手を気持ちよくさせるということも非常に大事なんだろうなと思いました。

 

ということで、本日は時間が来てしまったのでここまでとして、続きはまた明日書きたいと思います。(こういうシリーズものが続いてしまったすいません・・・)

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪