GAK_nekocafenonekocyan20130921500-thumb-260xauto-4245-thumbnail2
みなさんおはようございます。

今日は4連休の最終日ですが、この連休の初日2日で夜通し遊んだので、
若干まだ疲れが残っている感じです。今日はゆっくり休んで、
明日からの月次決算業務に備えたいと思います。昨日は、先輩が北京で旅行に来ているということで、昼飯をご一緒する予定だったのですが、結局、時間通り起きることができず、会うことができませんでした。笑

もともと、こうなるっていってたし、先輩も気にしてない的なこと言ってましたが、こういうのって引きずる人は引きずるんですよね。笑

中国では、日本と同じく、ペットを飼っている方をよく見かけます。

しかも、こちらでは犬に服を着せるのが流行っているのか、だいぶ暑くなってきたというのに、
服を着た犬をよく見ます。犬、猫というような大きなペットは飼ったことはないのですが、
飼ったら自分の子供と同様、愛おしい存在になるんだとは容易に想像ができます。

僕は、不動産を所有してから、既に2年半を過ぎているわけですが、自分の子供や、ペットのように、動物ではないものの、最近、自分が所有する不動産に対して、何かペットや子供とは違うけど、愛おしい存在というような感覚を覚え始めてきました。

不動産は、ペットと異なり、毎日接することがありません。

不動産を見るときは、売却するとき、空室になった時が主になるわけですが、
それでも、長い期間所有していると、何か愛着みたいなものが湧いてきます。

著名な投資家は一旦投資したものを大事に所有すると言われています。

一旦購入したものを、大事に育て上げ、それを所有し続ける、それが投資家として成功するための大事な考え方だと、現在お世話になっている不動産コンサルタントの方には教わっています。

とはいえ、所有してみて、売却したいと思ったことがないわけではありません。

不動産投資がいかに安定しているビジネスとはいえ、ビジネスである限り、トラブルはつきものです。

トラブルがないのに、お金が入ってくるビジネスなんてこの世に存在しないのではないかと思います。

とはいえ、不動産は手をかければ、必ずキャッシュを生み出してくれる。そんなことを最近実感し始めています。リフォームにしろ、トラブル対応にしろ、こまめの対応、しっかりと先を見据えた対応をしていれば、

息の長い不動産経営ができると確信しています。

もちろん、不動産の条件により、将来的な経営の難しさの度合いは異なるますけどね。

不動産投資家として成功するためには、様々な要素があります。その中に、合理的な事項、例えば、利回り、築年数、空室率等、数字で合理的に判断する能力っていうのもありますが、自分の不動産をまずは好きになる。こういった感情部分の面も大事なのではと思います。

成功している不動産投資家、もしくはその方のブログを見ていると、自分の不動産に手塩をかけて手入れをしている印象を受けます。それは、もちろん、そうすることによってよりキャッシュを生み出すことができるということもあるとは思いますが、それだけではなく、自分の不動産が好きで、心から綺麗になってもらいたい、よりよい不動産になってもらいたいと思っているからできることではないのかと僕はみています。

つまり、仕事のような義務感からそういったことをしているのではなく、自発的に、楽しみながら、行なっているように見えます。

不動産投資、もともと始めた当初は、サラリーマンではいたくない!そういった強い思いを持って始めたはいいけど、不動産投資も仕事と思ってやってしまうと、結局サラリーマンと変わらない仕事になってしまいます。また、感情もなく、投資ということで感情を排除してやってしまうと、楽しむことができなくなります。

僕は思うに、成功するということを考える前に、まずは、楽しむことから始めたほうがいいのでないかと。

不動産経営は長く続きます。好きでもないのに、30年、40年も続けたいですか?苦痛であるのなら、長く続けようと思わないのではないでしょうか?

そのために、まずは自分の購入した不動産を好きになる。そういった感情面から、意識を変えていくというのも一つの手がもしれません。ペットを見て、そんなことを気付きました。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪