今日も↓↓↓をぽちっとお願いします。皆さんのポチが励みになります!

人気ブログランキング

 

 

1棟マンションの管理体制について、今まで管理を任せていた会社の代表者と担当者が変更となり、管理会社の移管検討を本格的に始めたのが6月の初めでしたが、2020年の管理方針について方針を決めました。

 

6月の初めに、今管理を任せている会社の新代表者と打ち合わせをしました。

その際に、その方の雰囲気であったり、話し方であったり、話している内容のクオリティ等を自分なりに判断して、今後任せられる方ではないと感じたら、今月中にでも管理契約を解除しようと考えていました。

 

ところが、その新代表に会ってみると、想定外に有能そうな方だったので、その場は踏みとどまり、その後新しいマイソク作成であったり、工事の見積もり依頼等々を通じて、その方のレスポンスのはやさや、電話対応等も鑑みて、大丈夫そうなら、一旦このまま管理をお任せしようと考えていたのですが、そこでも特に問題は感じられませんでした。

 

ということで、少なくとも今年の下半期については、その会社との管理契約を継続しようと決めました。今年下半期といっても、来年の賃貸繁忙期中に管理会社を変えるのは面倒なので、何かあった場合は、来年5月以降まで変えないという判断です。

 

その管理会社が機能しないと判断した場合は、空室が出た都度自主管理に切り替えていく等方針に再び切り替えながらも、新しい管理会社への切り替えを進めていくという選択肢もまだ持つようにしています。

 

今回管理会社の移管を検討した会社については、対応してくださった方とは既に3か月以上仕事をしている間柄なので、仕事はきっちりやって下さるという安心感はあるのですが、いかんせん、管理コストが高くなることが今回の検討で良く分かりました。

 

1か月あたりの管理費が上がることに加えて、建物管理費用も上がってしまうことが分かったので、それなりのコストが発生します。ただ、この会社のコストは一般的に見れば安い方なんだろうと思いますが、今管理委託をしている会社の管理コストが安いので、どうしても管理移管をする際はネガティブにとらえてしまいます。

 

今年は順調に稼働していますが、ワンルームマンションなので、毎年毎年が勝負ですし、その都度入居者募集の精度を求められます。そして、それが稼働率という結果に反映されます。

 

幸い、新代表者は30後半と若いので、もしかみ合った場合は、長い間お任せすることも可能です。そういったことも含めて今回の決断に至りましたが、しばらく様子をみて、必要であれば違う選択肢の検討も都度していきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪