thermometer-833085_1280

 

皆さんおはようございます。

 

一昨日と昨日は風邪を引いてしまい、丸二日部屋にこもっていました。

帰国してから、寮に1日中こもることが皆無だったので、

ある意味新鮮な2日間でした。

 

ガチで風邪を引いたのは帰国してからは初めてだったんですが、

風邪を引くと他の事がどうでもよくなりますね。(笑)

例えば、このブログにしても、健康の時は毎日更新しなければという思いが働きます。

 

でも、この2日間は、正直生きていること自体が精一杯でそれどころじゃありませんでした。しかも、一人暮らしの為、身の回りのことは全て自分でやらなければいけません。

外食にもいかなければいけませんし、選択肢もしなければいけません。

この土日は気温が大分下がっていたので、体には大分応えました。

 

仮に、この状態が1週間、1か月続いた場合、むろん、本業の仕事に大きな影響が発生します。少なくとも、僕がやるべき仕事がまわらなくなるので、その分、他の方には迷惑がかかります。それでいて、会社の評価は下がるかもしれませんし、ボーナスは下がる可能性が非常に高くなります。

 

しかし、家賃収入の方はどうでしょう?

こうやって、僕が元気で働いていても、風邪で寝込んでいても、

満室経営であれば、入金確認を行うだけなので、そこまで業務量は変わりませんし、

入ってくるお金も変わりません。

 

もし、運悪く風邪を引いている時に、所有物件の部屋で空室が発生した場合は、

健康な場合と比べて、初動が遅れてしまうという意味で、差は発生するかもしれませんが、

僕が所有している部屋ではこの2日間は空室が発生しなかったので、

賃貸経営的にはあまり影響がない風邪でした。

 

こういう意味で考えると、不動産所得って、やっぱり不労所得的な要素は強いと思います。

不動産所得を大きくしていくことは人生を豊かにすること。

この公式は成り立っていくのではないかと思います。

 

株式、FXで巨万の富を得た人は知っていますが、

ここ最近の株価下落で、彼らの中でも財政基盤がそこまでまだ確立されていない方は、

結構お金を持って行かれたのではないでしょうか?

僕はそういったギャンブル性をあまり求めたくありません。

 

確かに、不動産では株やFXみたいに一気に巨万の富を得るというのは

難しいと思います。でも、相対的に不動産所得の方が安定しています。

 

こんな風邪を引いている時に、もし、株価が下落し、

泣きっ面に蜂なんていう状況には陥りたくはないので、

風邪を引いて、改めて不動産所得があって良かったなーとつくづく感じた土日二日間でした。

 

また明日から普通にブログを更新していけたらと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪