wall-175686_1280

 

みなさんこんにちは。

 

今日はなぜか寝すぎてしまい、なんと最終的に起きたのが、

午後2時、そこから色々やっていたらこの時間になってしまいました。

というか、半日無駄にしてしまいました(笑)

明日明後日は有意義に時間を使っていきたいと思います。

 

昨日、6月に行う予定の一部繰上返済の手続きをネット上で完了させました。

その結果、ローンの金額が1億円を下回り、9千万円ちょっとになることが決定しました。

(来月急な出費等でその金額が用意できなかった場合を除き)

 

僕は1億円以上のローンを背負って、もう5年程度が経っており、

正直、あまり1億円のローンを背負っているということを重く思っていないし、

そもそも、毎月のキャッシュフローがうまく回っていくことが全然問題なくできているので、そこまで大きなことではないのですが、それでも、やはり、1億円以下になったのは、

嬉しいし、そこまで返済できている自分を誇りに思います。

 

1月から繰り返しているローンの審査の際にそろえて言われたことは、

既存ローンの金額の大きさです。僕はそこまで気にしていなくても、銀行マンは結構気にする方が多く、1つ障害になっていた部分かと思うので、そこは若干改善できたのではないかと思っています。

 

9千万円というと、平均年収1千万円を優に超える一流企業に勤めるサラリーマンは、そのくらいの金額で住宅ローンを組み、住宅を購入する方もいると聞きます。

そうすると、もう彼らとそこまでローン金額は変わらないわけで、むしろ、キャッシュを生み出している資産を所有している僕の方が全然資産形成としてはできていると思います。

 

ただ、一部繰上返済を行う際に注意いただきたいことは、一部繰上返済が中心になってしまい、拡大ができてなくなることです。

 

一部繰上返済をすると、確かにローンの金額は減り、毎月のキャッシュフローは改善します。

ただ、それを頭金として新しい物件を購入した場合と比べると、キャッシュフローの伸びというのは小さくなります。

 

このブログを読んでいただいている方はおそらく投資家としては、若い方が多いと思うので、キャッシュフローを上げていくためには、不動産を購入していくことがどうしても必要です。

 

でないと、10万円、20万円の規模どまりとなってしまいます。

それでも良いという方だったら良いのですが、僕的に月50万円というのを目標においているので、それを達成するためには、買い増しをしていく必要があります。

 

一部繰上返済という防御を時には駆使しながらも、頭金を貯めて、新しい物件を購入するということも頭に入れて、バランスをとりながら動いていきましょう。

まあ、言うは容易いが行うは難しですけどね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪