agenda-1458520_1280

 

皆さんおはようございます。

 

今日は週の中日ということで、気が抜けがちですが、

早く退社するために、やるべき仕事を早めにやっつけてしまいたいと思います。

今の会社にいると、色々やるべきことが見えてきます。

それは、本社にいる時に周りの方の動きを見て、色々学ばせていただいたからだと

今更ながらつくづく感じています。いなくなって、初めて気づくってやつですね。

 

先週の火曜日から空室になっている部屋ですが、

リフォーム施工業者を決め、スケジュールも既に決めました。

具体的には、7/3に施工完了し、7/4から入居可という状態になります。

 

僕としては6月中には全て完了させておきたかったのですが、

その業者は月末に施工が入ることが多いらしく、その日程になってしまいました。

 

ただ、これが早く終わるかどうかよりも、リフォームの内容と、コストがどうなるかの方が重要だと考え、リフォームの見積もりを依頼した業者から全て連絡が来るまで待ち、

そして、考える時間も長めに取りました。

 

もう7,8回空室を経験していることもあり、そこまでストレスもありませんし、

今回は、マニュアル通りに、迅速に動けたかなーと思います。

また、今は、賃貸収益以外の所得で、民泊からの収益があるため、

多少空室期間が長くなったとしても、そこまで痛手はありません。

 

ただ、1部屋1部屋で経営を考えるべきですし、その場合、

赤字をいつまでも垂れ流すということはあり得ないので、一刻も早く埋まるように、

色々考えながら動きたいと思います。

 

まず、今は、募集家賃は高めに設定しております。

前の家賃より8%程度高い家賃で設定しております。

この家賃でも、相場ということで、地場の不動産屋さんには言っていただいているので、

あながち間違ってない範囲ではあります。

 

ですが、周りの部屋の募集家賃を見ると、若干高めなのかなーとは思います。

いつも言っているのですが、家賃を下げるというのは一番芸がない方法だと

僕自身思っているし、いつでもできる策です。

 

家賃を上げるというのはこのご時世厳しいのは分かるとして、

せめて、家賃をキープする努力はしたいものです。

 

キープするためには、できる限り多くの不動産屋に募集をお願いする。

その中でも、良い感じの営業マンの方に直接お願いする。

リフォームで、前よりも付加価値が出るような設備を入れる、

もしくは、デザイナーズリフォーム等で、他の部屋と差別化を図る等々。

 

対策を挙げたらキリがありません。

大家の方々はこういった理論は知っているけど、

手間がかかるので、あまりやりたがらないというのが現状なんですけどね。

 

僕は、最低限、家賃をキープすることはしたいので、

従来なかったウォシュレットを入れるなど、ちょっとだけ付加価値を加えました。

 

とりあえず、ここ1,2週間の募集の状況を注視したいと思います。

出来れば、6月中に決めたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪