みなさんこんにちは!

今日の朝は、この1か月続けてきた、ファイナンシャルアカデミーの教材も、
後、1枚2時間程度のDVDを残すところになりました。

今日は、首題のリフォームに関する講義内容だったのですが、
僕は自分でリフォーム手続を行ったことがあるので、いつも以上に講義を聞いて、
刺激がありました。

講義では、リフォームの内容、例えば、ウォシュレットはいくらするだとか、ユニットバス
の取付費等の内容であったり、最低限はこういったリフォームを行った方が良い、家賃を上げたければ、こういったリフォームを行った方が良いなど、階級別のリフォーム内容の紹介が主でした。

そこでひと月になったのが、リフォームの内容と家賃の関連性です。
僕がリフォームを行った経験からすると、区分所有の場合、家賃を上げるのは難しいです。
仮に、他の部屋よりも設備的に充実していたとしても、1万円、2万円家賃を上げると、空室の期間は長くなるでしょう。

例えば、同じマンションの他の部屋が、10万円で募集をかけているとします、その状況の中で、同じマンションであるのに、12万円で募集をかけた場合、家さがしをしている方からすると、同じマンションなんだから、そこまで関係ないわけだし、10万円の方だけとりあえず見てみよう。ということになる確率が高いですよね。

しかも、区分所有は、建物の外観を自分の思ったように変えることはできません。マンション管理組合、管理会社の意向に基づいて、10年に1回程度の頻度で、大規模修繕工事を行います。ただ、良い面はあります。それはきちんとした管理会社であれば、建物の外観を
きれいに保つべくやるべき修繕工事を定期的にしてくれます。そこの管理には全く関わる必要がなく、大家としては楽です。

最初に行う投資としてはその方が良いとは思います。

しかし、自分風にアレンジしてみたい、自分のマンションに付加価値を加えたいと思った時には、区分所有ではちょっと厳しいと思いました。
これもまた、1棟マンション投資実行へのモチベーションの糧として、早く1棟マンションに投資すべく、日々精進していこう思わせてもらったという意味では、良い刺激になりました!

皆さんは物件を自分風にアレンジするとしたら、どういった物件にしたいですか?

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪