今日も↓↓↓をぽちっとお願いします。皆さんのポチが励みになります!

人気ブログランキング

 

 

先日、僕が所有している1棟マンションの部屋と同じような、いわゆる15㎡超20㎡以下の3点ユニットの部屋のリノベーション内覧会の連絡があり、近日中に内覧してくる予定です。

 

僕はこのリノベーションについては、かなりの興味を持っています。

ただでさえ、競合が激しいエリアで賃貸経営をしているので、通常通りにリフォームをして、賃貸管理会社に客付けを全て任せるというのは正直怖くて出来ないと思っています。

 

なんでもそうですが、常に改善をしていかないと時間の経過に伴って廃れていきます。ただ、何かを変えよう、差別化していこうと動いているとそれが積み重なり大きな力になっていくと僕は思っています。というより信じていますw

 

そんな中で、僕と同じような状況にある小さめの3点ユニットの部屋がおしゃれなリノベーションをしたことによって、どれだけイメージが変わるのか?またそのリノベーションを行うにあたってどの程度の期間がかかるのか?そして何より重要なのがどの程度のコストがかかったのか?ということを知ることは自分の糧になると思っています。

 

昨年、僕も結構コストをかけておしゃれな空間を創出しましたが、結果的になんとか家賃10%アップすることが出来ました。ただ、それもラッキーで何とか決まったという感じではありましたし、家賃を少し下げようかと協議をしていた中で決まったので、コストをかけたからと言って、それに見合った家賃アップが図れるかは分かりません。

 

賃貸経営はそこが難しいと思っています。

僕は部屋をおしゃれにすることに対しては個人的にかなり興味があります。

自分が住む部屋であれば、お金をかけることもいとわないかもしれません。

 

でも、僕が所有しているマンションは1年間で6部屋前後空室が出ます。そんな中で、1部屋当たり50万円もリノベーションコストをかけてしまうとキャッシュフローはマイナスになります。なので、1部屋当たりのリフォームコストを下げながらも、競合物件とは差別化を図れるようなリフォームをするという視点を持つことがかなり大事です。

 

差別化を図るというのはイメージ力がモノをいいます。

コストをかけなくとも、差別化を図る方法を色々あります。その1つが今進めているアクセントクロスですが、実際のこれも一定の効果は出ています。

 

ということで、今回の内覧会では自分のイメージ力アップにつながるような何かを持ち帰りたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪