まずは今日もぽちっとお願いします。皆さんのぽちが励みになります。

人気ブログランキング

さて久々の資格勉強ネタですが、不動産投資を始めて、宅地建物取引士(試験合格)、1級FP、CFPと資格を取得してきましたが、ベースの知識を上げるという意味では一定の効果は出てきたのかなと思います。

 

上記の試験では、主に法律・会計・税務のところを集中的に鍛えてきたわけですが、

僕の弱みは建築・設備系の知識がほぼないことです。

 

大学は文系でしたし、就職してからもずっと経理・財務畑を歩いてきたということもあり、建築関係の業務というのはゼロでした。

 

賃貸経営の方も、区分所有者ということでしっかりした管理組合があり、僕が何も手を下すことなく長期修繕計画等の話し合いが可決されていきます。(ここは今後もっと絡んでいこうかなと思います。生きた知識になると思いますので)

 

ということで、・管理業務主任者の資格合格を目指して勉強を始める決心をしました。試験日は11月下旬から12月上旬ということで、基幹的には約8か月間となります。

 

既に法令の方から勉強を始めているのですが、宅建の勉強である程度のベースは出来ているので、勉強の進捗が早いのを感じます。標準勉強時間600時間と言われているようですが、試験に受かるだけであればもう少し少ない時間で出来るような気がします。とは言っても、油断は禁物なので、またコツコツと勉強を続けていきたいと思います。

 

今回は試験に受かるためというのはもちろんのこととして、・設備系の一般的な知識を得ることが主な目的です。土地から仕入れて1棟RC投資を目指す方向性で進み始めたので、このマンションの関わる建築・設備の知識が全くないという状況では危険だなと自分なりに判断してのことです。

 

今色々と情報を仕入れているところですが、現在建築費高騰、地価高騰である一定の投資利回りを得るには非常に厳しい状況ということは実感します。それでも、彼ら業者としては不動産を打っていかないと飯を食っていけないわけで、彼らの言い分としては、確かに物件の表面利回りは下がっているけど、その分借入金利も下がっており、実質利回りはあまり変わらないということです。

 

が、実際は不動産価格高騰による表面利回りの低下の方が影響が大きいという印象です。

 

今は首都圏投資をやるのであれば我慢の時期だと思っています。

といって、もう2年ぐらいたってしまいましたが、ゴーサインを出したら、

すぐにゴー出来るように、知識・人脈をより強固なものにしていく活動を活発化させていきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪