今日も↓↓↓をぽちっとお願いします。皆さんのポチが励みになります!

人気ブログランキング

 

 

先日、現在2部屋ある空室の内、1部屋の原状回復工事が完了しました。

残りの1部屋については、室内が綺麗でルームクリーニング+αで完了できそうなので、そこまで時間はかからず、11月中にはどちらの部屋も即入居可の状態です。

 

通常の大家さんであれば、ここからはひたすら仲介業者から入る申込連絡を待つのみだと思いますが、僕の場合は、原状回復工事が終わったのちにやることがありまして、それがホームステージングです。

 

具体的に何をやるかというと、ステージング前とステージング後の写真撮影、機械室に置いてあるステージング雑貨を取り出し、それを室内に配置するというものです。

 

この流れを昨年の終わり頃からはじめ、3,4回程度してきているので、最初は時間がかかっていましたが、上記の作業を1時間程度で出来るようになってきました。ただ、作業する時間だけではなく、移動時間も考える必要があるので、ざっくり往復2時間だとすると、合計で3時間です。

 

あまり時給換算するのは好きではないのですが、僕の時給が高く見て5,000円だとした場合、3時間消費することによって、1.5万円発生することになります。

 

一方、ステージングを行うことによって、どの程度空室期間が短縮化したのか?という部分が効果になると思いますが、大体4.3万円程度が平均家賃なので、半月短縮することができれば、2万円強となり、コストより利益の方が高いということになります。(この検証は難しいですが)

 

あと、僕が費用対効果を考える上で大事にしているので、その効果が他にも派生していくか?という部分です。この点、ホームステージングは派生していく部分が大きいと考えています。

 

具体的には、ステージングを行うことによって、周辺物件ではほぼやっていないことをやっているので、仲介業者及び入居希望者にアピールすることができます。実際に、今年は写真で決めていただいたケースが多く、一定の効果は出ていると考えています。

 

それと、写真は蓄積していきます。僕の物件は部屋のタイプが3タイプぐらいしかないので、写真のストックが増えていけばいくほど、あとはその写真を使いまわすということができ、将来的に時間が減っていくと考えています。

 

また、今後の賃貸経営に向けたノウハウが自分の中に残ります。一種の自己投資でもあります。

 

ということで、ステージングについては、来年、再来年くらいまでは続けていこうと考えています。繁忙期は退去前に決まってしまうことも多く、全ての部屋でステージングができるわけでもないですしね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪