みなさんこんばんは!

今、僕が中国語を学んでいる学校に会社から派遣されている人が何人かいるのですが、その中のひとりの女のことが、一人だけ違う動きをしています。

違う動きというのは、みんな頑張ってHSKの勉強をしたり、授業が終わったあともその学校に残り自習をしたりしているのですが、その女の子だけは、試験も受けず、学校に残って自習をすることすらしない、つまり一人だけ浮いてる感じです。その子になんで試験を受けないのか?と先生が質問したところ、プレッシャーを感じたくないから、というような答えが返ってきたらしいのですが、「え?」と思ってしまいました。

プレッシャがない生活から洗練されたものは生まれないと僕は思ってます。なんで、最終的には、それなりのプレッシャーの中で頑張った人の方がよりレベルの高い中国語を身につけることができると思ってます。

不動産投資も同じですよね。何もプレッシャを感じることなく、ただの趣味程度のレベルで不動産投資を読んで身に付けた知識よりも、実際不動産投資を実行し、それなりのプレッシャーの中で勉強して身に付けた知識の方が、より実践的で洗練された知識だと僕は思います。

もちろん、過度なプレッシャーは逆効果になってしまいますので、本当に物事身に付けたいと思ったら適度なプレッシャーの中に身を置いたほうが良いという意味です。皆さんの中で、不動産投資をやるかやらないかで悩んで時間が経過してしまった方がいるかもしれませんが、どんなに小さな金額でも、自分を適度なプレッシャーの中に入れるという意味では効果的です。

みなさんは適度なプレッシャーの中で物事を身につけようとしていますか?

ご支援いただきありがとうございます!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪