みなさんおはようございます!

今日は、フィリピンでの不動産投資について、フィリピンに不動産を実際保有している方から聞いた情報をお話ししたいと思います。

インターネットを見ていると、人口増加、フィリピンペソの貨幣価値増加、不動産市場成長に伴う、不動産価格の上昇等、フィリピンの不動産に関しては、良いことばかりが書かれてあります。しかし、実際にそうなのでしょうか?

僕がお会いして話を聞いた方は、フィリピンのマニラに不動産を保有してました。その方曰く、フィリピンにおける不動産投資は非常にカントリーリスクが高いとのことでした。

日本の場合、自分の保有している不動産が空室になった場合、その空室に勝手に人が入り、そこに住みつくようなことは考えられませんよね?でも、フィリピンでは、そういったことが起こるらしいのです。実際その方が保有していた不動産が空室になったらしいのですが、空室になり、しばらくしてから様子を見に行ってみると、なんと全く知らない人が、しかも、家族でそこに住みついていたらしいのです。もちろん法的に訴えれば、なんとかなるのかもしれませんが、違う国で、言葉も異なる国でそういった裁判を起こすとなると、時間もかかりますし、なによりお金もかかります。

上記のような事例は防ぎようがないですよね。一日中、そこ部屋の前に警備員を置いておくわけにもいきませんし。。。

なので、みなさんインターネットの情報だけで動くというのは避けていただきたいと思います。大きな金額が動くので、みんなが実際現地へ出向いて、情報を調べ、購入まで慎重にすすめるという不動産投資家が多いと思いきや、結構図面だけで決めてしまうだとか、コンサルタントの方の勧めだけで決めてしまうという方が多いので、気を付けてください。

そういったマニラにリスクにしても、実際に行っている人に聞いたからこそ分かった話です。ですので、みなさんも、実際に経験している方、現在進行形で行っている方に話を聞いたうえで判断してもらえればと思います。海外不動産の場合は、絶対にそういった話を聞くというのと、現地へ出向くことは必要だなと、今回の話を聞いて強く思いました。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪